豆腐、おから、納豆、ゆばetc.大豆食は糖質オフのマルチ食材! 『糖質制限でダイエットできる!大豆食のすべて』が好評発売中

PR TIMES / 2013年6月19日 16時48分

大ブームのダイエット法「糖質制限」に強い味方の「大豆食」(だいずしょく)、主食・お菓子・おつまみに大変身

 株式会社主婦の友社は、2013年5月30日(木)に、『糖質制限でダイエットできる!大豆食のすべて』を発売いたしました。「大豆食」(だいずしょく)とは、豆腐、厚揚げ、おから、納豆、ゆばなど低糖質である大豆を原料とした素材を応用し、良質なたんぱく質をしっかり取りながら満腹になれるレシピです。



 “主食を控えるだけ、肉・魚・お酒・油っこいものは我慢しなくてOK”というルールで大ブームになっているダイエット法「糖質制限」。昨年5月に発売した小社刊の『血糖値が下がる糖質制限食のすべて』が9.5万部のベストセラーになるなど、そのブームはまだまだ続いています。一方で、一部の読者からはごはんやパンの主食を食べられないことで“食事に満腹感を得られない”と悩む声も聞かれるようになりました。


 そこで「低糖質、かつバリエーション豊富な食材」として大豆食に着目。糖質制限による健康法をより多くの人に実感してもらいたいと本書を企画いたしました。糖質制限食の進め方をわかりやすく説明すると同時に、大豆食のメリットと、「大豆食」を使ったメニュー85種を紹介。特に「主食がわりになる」「主食もどき風」メニューをふんだんに紹介しています。


◆たくさんの低糖質食材の中で何故「大豆」なのか?

 豆腐、おから、納豆、醤油と日本人が昔から親しんできた大豆食品。味が淡白でクセがないことに加え、豆腐やおからを柔らかくペースト状にしたり、お好み焼きなどの粉物のつなぎに使ったり、ゆばや厚揚げでボリュームを出したりと実に多様な形状で料理に活用できることが最大の強みです。

◆糖質制限以外にもうれしい健康効果!夫婦双方に効く大豆の成分

 大豆に含まれる「大豆イソフラボン」にはたくさんの健康促進効果が確認されています。メタボが気になる男性には悪玉コレステロールを排出し、血液をさらさらにする効果。女性には女性ホルモン「エストロゲン」(卵胞ホルモン)に似た動きをし、美しさや若々しさを活性化する効果を発揮。加齢とともにエストロゲンの分泌量が減少すると起こる「更年期障害」も大豆イソフラボンを摂取することで予防可能になるなど、夫婦や家族それぞれにうれしいメリットをもたらします。家族全員にうれしい健康的な食習慣として、早速大豆食を始めてみませんか?


<書籍概要>
タイトル:糖質制限でダイエットできる!大豆食のすべて 

発売日:2013年5月30日(木) 

定価:1000円(税込み) 

主婦の友社:編 

サイズ:AB判 100ページ

ISBN:978-4-07-288432-4 

全国の書店・ネット書店で発売


●本件に関するお問い合わせ先

株式会社主婦の友社 広報宣伝課 
TEL 03-5280-7577(直通) FAX 03-5280-7578

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング