【共同プレスリリース】ソマリア はしか感染拡大、症例2,000件以上 栄養不良の子どもほど、感染、死亡、後遺症のリスク

PR TIMES / 2014年6月11日 13時1分



※本信は ユニセフ本部の情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、独自に編集
したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_73758.html でご覧いただけます


【2014年6月10日 モガディシュ・ガロウェ・ハルゲイサ(ソマリア)発】

ソマリアの複数の地域で、はしかの感染が確認されました。はしかは極めて感染力が高く、
後遺症や死亡の危険性も高い病気です。直ちに予防接種を受けなければ、ソマリアの
子どもたちははしかに感染する恐れがあります。

2014年3月と4月に、はしかが疑われた症例は1,350件以上で、昨年同時期の4倍にあたり
ます。今年5月だけで、はしかと疑われた症例は1,000件近くにのぼったと報告されました。

ユニセフとWHO(世界保健機関)、パートナー団体の支援を受け、保健当局は小規模な
予防接種キャンペーンを行いました。6月には、感染者が特に多い北部のバリ州、
ヌガール州、中央部のバナディール州、南部のジュバダ・ホーセ州で、5歳未満の子ども
50万人を対象に、より規模の大きい緊急予防接種キャンペーンを実施する予定です。

ユニセフ・ソマリア事務所代表のシカンダー・カーンは「ソマリアには、栄養不良の
子どもたちが大勢います。こうした子どもたちほど、はしかに感染しやすいのです。
そして、死亡する確率が高く、失明や難聴、脳への後遺症といった生涯に及ぶ後遺症が
残る確率が高いのです」と述べました。


20年に及ぶ紛争で、ソマリアの保健部門は大きく破壊されました。その結果、ソマリア
の保健と栄養指標の中には、世界ワーストとなっているものがあります。ソマリアの
子ども5人にひとりは、5歳の誕生日を迎えることなく、亡くなります。その大きな
原因の一つがはしかです。

WHOソマリア事務所のグラム・ポパル代表は「極めて危険な状況です。紛争によって、
ソマリアの保健システムは極めて脆弱なものになっています。ソマリアの子どもたちの
予防接種率は極めて低く、できるだけ多くの子どもたちに直ちに予防接種を行わなければ
なりません」と述べました。


2013年、ソマリアで定期的な予防接種サービスを通じてはしかの予防接種を受けた
1歳未満の子どもは、3分の1以下とみられます。中央部南部の一部の地域では、治安が
不安定なために、予防接種率はわずか15%にとどまります。

WHOとユニセフは、予防可能な病気で何千人もの子どもたちが死亡するのを防ぐには、
直ちに国家規模でのはしかの予防接種キャンペーンを行う必要があるとしています。
対象となるのは、生後9 カ月から15歳までの子どもたち約500万人で、費用は900万米ドル
かかる見込みです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング