プロバードウォッチャーの「♪鳥くん」が 東京周辺の野鳥撮影に向いたスポット51ヵ所を紹介。 「東京近郊 野鳥撮影地ガイド」発売

PR TIMES / 2013年11月7日 11時32分



インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大)は、11月15日に『東京近郊 野鳥撮影地ガイド』を刊行いたします。

豊富なフィールド経験をもとにした撮影のコツを伝授


著者である「♪鳥くん」(本名:永井真人氏)はツアーガイド、講演・執筆、野鳥写真の提供等、野鳥に関するさまざまな活動を展開する野鳥の専門家です。一年を通じ、野鳥を追いかけて全国を飛び回っている著者が、東京・埼玉・神奈川・千葉を中心とした東京周辺の初心者でも撮りやすい、撮影に向いた野鳥スポット51ヵ所を紹介します。

豊富なフィールド経験を誇る「♪鳥くん」だからこそ分かる、出現する野鳥の待ち方やおすすめする撮影タイミングなど、その場所に適した撮影のコツを伝授します。紹介するのは、自然公園や観察センターなどアクセスがよく、撮影しやすい場所が中心です。


【主な掲載地】
・東京:
 明治神宮、井の頭恩賜公園、多磨霊園、多摩川・大栗川合流点、三宅島など
・埼玉:
 見沼自然公園、北本自然公園、秋ヶ瀬公園、 大久保農耕地
・神奈川:
 舞岡公園、照ヶ崎海岸、酒匂川河口など
・千葉:
 利根川河口域、印旛沼、ふなばし三番瀬海浜公園など
ほか、全51ヵ所をガイド。


【出版記念トークイベントを開催】

『東京近郊 野鳥撮影地ガイド』(山と溪谷社)発売記念トークイベント
♪鳥くんの鳥撮りトーク
2013年11月23日(土・祝)19:30 ~ 
場所:ジュンク堂書店 池袋本店

野鳥撮影のコツ、教えます!


野鳥撮影が上手になる秘訣はズバリ“野鳥たちについてよく知ること”です。場所の情報だけでなく、野鳥の種類や生態、彼らとの距離感が分かると、思い通りの写真が撮れるようになります。

 
プロバードウォッチャー・バードウォッチングツアーガイドとして活躍する♪鳥くんは、1年中各地を飛び回り、野鳥の撮影や観察を続けています。ベストな一枚を撮るために知っておきたい野鳥の習性や、撮り方のコツ、東京近郊のおすすめ撮影スポットまで、豊富なフィールド経験をもとに語り尽くします。


入場料:1,000円(ドリンク付き) 
お問い合わせ:ジュンク堂書店 池袋本店1Fサービスカウンター(電話:03-5956-6111)

詳しくはジュンク堂HPをご覧ください。
http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=2942


【山と溪谷社】  http://www.yamakei.co.jp/
1930年創業。月刊誌『山と溪谷』を中心に、国内外で山岳・自然科学・アウトドア等の分野で出版活動を展開。さらに、自然、環境、エコロジー、ライフスタイルの分野で多くの出版物を展開しています。

【インプレスグループ】  http://impress.jp/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。
以上
________________________________________

【本リリースについてのお問い合わせ先】
株式会社山と溪谷社 担当 草柳
〒102-0073 東京都千代田区九段北3-2-11 住友不動産九段北ビル8階
TEL03-6744-1911 メールinfo@yamakei.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング