トランスコスモス、アミューズと共同で iPhone用楽器アプリ「一五一会」を開発

PR TIMES / 2013年8月7日 13時51分

~「ビギンのうた三線」「BEGIN’s e-Washboard」に続く、BEGINプロデュース楽器アプリ第3弾~



トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715、以下、トランスコスモス)は、株式会社アミューズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:畠中達郎、以下、アミューズ)と共同で、アミューズに所属する沖縄県出身アーティストBEGIN (ビギン)監修のiPhoneアプリ「一五一会(いちごいちえ)」を開発しました。「ビギンのうた三線」「BEGIN’s e-Washboard」に続く、BEGINプロデュース楽器アプリ第3弾として本日より配信を開始します。

「一五一会」とは、BEGINと、世界的に人気の高いギターメーカー“ヤイリギター”の共同開発で生まれた4本弦の弦楽器です。指一本で簡単にコードが押さえられるのが特徴で、楽器に不慣れな人でも30分で1曲弾き語りができるようになるという世界一簡単な弾き語り楽器を目指した結果、多くのユーザーに支持され、昨年はユーザー参加のコンテスト「一五一会世界大会」も開催されました。

アプリ「一五一会」は、この楽器をスマートフォン上で楽しめるよう開発したもので、楽器同様「世界一簡単に弾き語りの伴奏ができる」をコンセプトに、歌詞を見ながら自分のペースで、うたと演奏を楽しむことができます。また、アプリに使われている楽器の音はBEGINのメンバーによって録音されたもので、高音質な音源もアプリの魅力となっています。
演奏モード選択で「置いて弾く」「持って弾く」のどちらかを選ぶと、そのモードにあわせた一五一会の弦とコードを押さえる指の位置が表示されます。楽曲を選び、楽譜に現れる指示どおりにコードを押さえれば、歌詞をみながら楽器同様の弾き語りを楽しむことができます。うたいだしの音程を取りやすくする「うたいだし」確認や、音域をコントロールするフレット数の変更、キーのチューニングなども、ボタンひとつで簡単に設定することができます。

アプリ「一五一会」は、有料版と無料のLite版を用意しています。有料版は通常350円ですが、アプリのリリースと楽器「一五一会」の誕生10周年を記念し、リリースから1年間、170円で購入が可能です。

◆アプリ概要
<共通>
対応OS: iOS5.0以降(6.0以降を推奨)
対応端末: iPhone 3GS以降、iPod touch(第4世代以降) および iPad互換
<有料版>
機能: 演奏モード切替/楽曲選択/うたいだし/チューニング/フレット数変更(5 or 12)/Audiobus対応
収録曲: 5曲※(故郷/われは海の子/知床旅情/涙そうそう/島人ぬ宝)
価格: 通常350円のところ、リリースから1年間は170円にて販売
ダウンロードURL: https://itunes.apple.com/jp/app/yi-wu-yi-hui/id649185850?l=ja&ls=1&mt=8
<Lite版>
機能: 演奏モード切替/楽曲選択
収録曲: 2曲※(故郷/われは海の子)
価格: 無料
ダウンロードURL: https://itunes.apple.com/jp/app/yi-wu-yi-huilite/id674920150?l=ja&ls=1&mt=8

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング