組織の自己変革に挑戦するNPOを支援 「Panasonic NPOサポート ファンド」2012年募集開始

PR TIMES / 2012年6月13日 13時20分



パナソニック株式会社は、環境分野・次世代育成支援分野で活躍するNPO/NGOの組織基盤強化を支援する助成プログラム「Panasonic NPOサポート ファンド」の2012年募集を開始します。7月17日から31日まで応募を受け付けます。

▼「Panasonic NPOサポート ファンド」2012年募集 応募要領
http://panasonic.co.jp/citizenship/pnsf/npo_summary.html

本ファンドの助成テーマは、「組織診断」にもとづくキャパシティビルディングです。
キャパシティビルディング(組織基盤強化)をより効果的に行うために、組織運営上の課題を把握し解決の方向性を見出す、組織診断の手法を活用します。
第1段階で、第三者による客観的な視点・多様な視点をとり入れた組織診断を実施し、自ら課題解決策を策定する取り組みを支援します。さらに第2段階で、組織診断にもとづき企画立案された具体的なキャパシティビルディングの取り組みを支援します。

当社は、社会課題の解決の促進に向けて市民活動が持続的に発展していくためには、NPOのキャパシティビルディング(組織基盤強化)が必要であるとの認識のもと、2001年に本ファンドを設立しました。以来、一貫してNPOのキャパシティビルディングを支援し、197件に2億3千万円の助成をしてきました。2011年、10年にわたる経験をふまえ、組織診断の手法を活用するプログラムに進化させました。

社会からNPOに寄せられる期待が大きい今、NPOのキャパシティビルディング支援を通じて、市民活動の持続的発展、社会課題の解決促進、社会の変革に貢献してまいります。

なお本ファンドの募集にあたり、キャパシティビルディングの重要性や、助成趣旨、特徴、募集概要、選考のポイントをご紹介する「キャパシティビルディングワークショップ&公募説明会」を東京、名古屋、京都、福岡の4ヶ所で開催します。
▼詳細および申し込み方法はこちら
http://panasonic.co.jp/citizenship/pnsf/npo_koubo_2012.html


【Panasonic NPOサポート ファンド 2012年募集概要】
1.助成対象団体
「環境分野」 : 環境問題に取り組むNPO/NGO。重点分野:ライフスタイルの転換、持続可能な社会への変革を目指す団体
「子ども分野」 : 子どもたちの健やかな育ちを応援する新しい社会の創造を目指し、先駆的な活動と自己変革に挑戦するNPO/NGO
※応募要件(両分野共通)
 ・団体設立から3年以上であること
 ・有給常勤スタッフが1名以上であること
 ・直近3ヶ年の会計年度の経常収入の平均が1,000万円以上であること
 ・日本国内に事務所があること

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング