1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

最大約40時間再生に大幅アップデートで1日中楽しめる!プライベートからワーキングタイムまで活躍するカジュアルデザインのワイヤレスオンイヤーヘッドホン「JBL TUNE 510BT」登場

PR TIMES / 2021年4月6日 8時45分

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:トム・メッツガー)は、今年創立75周年を迎えるアメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランドであり、日本においてワイヤレススピーカー3年連続販売台数No.1に輝く※1「JBL」ブランドで、シンプルなデザインとベーシックな機能の搭載で人気の高いエントリーライン「TUNE(チューン)」シリーズから、最新ワイヤレスオンイヤーヘッドホンモデル「JBL TUNE 510BT(チューン 510ビーティー)」を、2021年4月16日(金)より発売いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/12767/243/resize/d12767-243-707093-0.png ]

「JBL TUNE 510BT」は、大迫力のJBLサウンドとファッション性を兼ね備えたエントリーラインの「TUNE」シリーズより、2019年に発売されたワイヤレスオンイヤーヘッドホン「JBL TUNE 500BT(チューン 500ビーティー)」の後継モデルです。エントリーラインでありながら、約32mm径のダイナミックドライバーを搭載しているため、豊かな低音と透明感のあるJBLサウンドを実現。音楽や動画視聴をはじめ仕事の場面など、マルチかつカジュアルに使えることから、ワイヤレスタイプのヘッドホンの入門モデルとして、初心者の方にも最適です。

本モデルでは、シンプルで使い勝手の良いデザインや、手頃な価格帯は前モデルより踏襲しつつ、ワイヤレス再生時間を前モデルの約2.5倍となる、最大約40時間※2に拡大するなど、音を楽しむための機能面を大幅にアップデートしました。また、急速充電もレベルアップしており、約5分の充電で約2時間分の再生時間を確保し、外出時や突発的なオンライン会議など、急遽必要になる場面での対応力にも優れています。

本体には、クリアな音声で通話ができるマイクを内蔵。在宅ワーク時や、移動中などでの急な入電時にも便利なハンドフリー通話に対応しています。さらに、本体のサイドに搭載のマルチファンクションボタンから、Google アシスタント※3 やSiri※4など、Bluetooth接続したデバイス側に搭載のボイスアシスタント機能を起動することができるため、デバイス自体を操作する必要がなく、スムーズな使用が可能です。他にも、最大2台までのデバイスを同時に接続できる「マルチポイント」機能を引き継ぎ、1台のスマートホンで音楽を聴きながら、もう1台のスマートホンからの入電を受けることも可能です。

人間工学に基づき独自設計した本モデルは、高いフィット感を誇り、長時間のリスニングでも快適な装着感で音楽をお楽しみいただけます。約160gという軽量設計のため装着時にも負担にならず、折りたたみ可能なコンパクト仕様により、収納や持ち運びにも便利です。

エントリーラインで、手に取りやすくファッション感覚でもお楽しみいただけるワイヤレスヘッドホン「JBL TUNE 510BT」で、在宅ワークから外出時など幅広いシーンで音楽のある生活をお楽しみください。
[画像2: https://prtimes.jp/i/12767/243/resize/d12767-243-866380-3.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/12767/243/resize/d12767-243-291696-2.jpg ]

【特長】
■ワイヤレスオンイヤーヘッドホン入門モデルよりアップデートモデルが新登場

[画像4: https://prtimes.jp/i/12767/243/resize/d12767-243-747904-4.jpg ]

大迫力のJBLサウンドとファッション性を兼ね備えたエントリーラインの「TUNE」シリーズより、2019年に発売されたワイヤレスオンイヤーヘッドホン「JBL TUNE 500BT」の後継モデル。前モデルより引き継いだ、約32mm径のダイナミックドライバーが豊かな低音と透明感のあるサウンドを実現しています。また、本モデルでは、BluetoothのバージョンをVer.4.1からVer.5.0にアップデートし、よりスピーディーかつ安定した接続を可能にしました。他にも、シンプルながら使い勝手の良いデザインや、手頃な価格帯は前モデルより踏襲しつつ、音を楽しむための機能面を大幅にアップデートしています。音楽や動画視聴をはじめ仕事の場面など、マルチかつカジュアルに使えるモデルに仕上がりました。

■最大約40時間※2のワイヤレス再生の実現と急速充電にも対応

[画像5: https://prtimes.jp/i/12767/243/resize/d12767-243-565616-1.jpg ]

前モデルの最大約16時間再生から大幅アップデートし、約2.5倍の最大約40時間※2のBluetoothワイヤレス再生を実現。通勤や通学をはじめ、オンライン会議などでの長時間使用があった場合でも、途中で充電切れの心配がありません。また、時間がないときにも便利な急速充電機能に対応しており、約5分の充電で、最大約2時間の音楽再生が可能です。こちらも前モデルから約2倍にアップデートしており、より音楽をxお楽しみいただくための進化を遂げています。

■ハンズフリー機能に加え、Google アシスタント、Siriにも簡単にアクセス可能
本体には、クリアな音声で通話ができるマイクを内蔵しており、ハンズフリー通話が可能です。在宅ワーク時や、移動中などでの急な入電時にも便利です。また、本体のサイドに搭載しているマルチファンクションボタンより、Google アシスタント※3やSiri※4など、Bluetooth接続したデバイス側に搭載のボイスアシスタント機能を起動することができるため、デバイスを操作する必要がなく、スムーズな使用が可能です。

■最大2台のデバイスを同時に接続できる「マルチポイント」機能搭載
最大2台までのデバイスを同時に接続できる「マルチポイント」機能を搭載しているため、会社とプライベート用のスマートホンを同時接続し、プライベート用の方で音楽を聴きながら、会社のスマートホンからの入電を受けることも可能です。移動中に音楽を楽しんでいる間も、大事な電話を取り逃す心配がありません。

※2台同時に音楽を聴くことはできません。また、2台同時に通話することもできません。

■シンプルで収納しやすいミニマルなデザイン

[画像6: https://prtimes.jp/i/12767/243/resize/d12767-243-406321-5.jpg ]

人間工学に基づき独自設計したヘッドホンは、耳にしっかりフィットし長時間のリスニングでも快適な装着感で音楽をお楽しみいただけます。また、約160gという軽量設計のため装着時にも負担にならず、本体の折りたたみも可能なため、収納や持ち運びにも便利なコンパクト設計です。ファッション感覚で、どんなコーディネートでも合わせやすい、ベーシックなブラックとホワイトの2色からお好みをお選びいただけます。

【主な仕様】
製品名: JBL TUNE 510BT(チューン510ビーティー)
タイプ: ワイヤレスオンイヤーヘッドホン
カラー: 全2色(ブラック、ホワイト)
Bluetooth: バージョン5.0
対応プロファイル: A2DP v1.3, AVRCP v1.6, HFP v1.7
対応コーデック: SBC, AAC
ユニット: 32mm径ダイナミックドライバー
周波数特性:20Hz - 20kHz
重量(本体のみ): 約160g
連続使用時間※2: 充電:約2時間、音楽再生:最大約40時間
         ※急速充電対応(約5分充電で約2時間再生可能)
付属品: 充電用USBケーブル
発売日: 2021年4月16 日(金)発売予定
価格: オープン価格 ※公式通販サイト販売価格5,480円(税込)

※仕様、価格は変更となる場合がございます。

※1 全国の家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどから収集した実売データ「BCNランキング」にもとづき、1年間の累計販売数量が最も多かった企業を部門ごとに表彰する「BCN AWARD 2020」にて、ワイヤレススピーカー部門の第1位を3年連続で獲得しました。
※2 充電・再生時間は、ボリュームレベルや再生内容により異なります。
※3 Google Assistantは、Google Inc.の商標です。
※4 Siriは、Apple Inc.の商標です。

<JBLについて>
美しい外観とプロ・サウンドを両立した家庭用スピーカーの開発を目指して設立。以来、世界中のあらゆる音楽が関わるシーンで、プロアマ問わず信頼され、愛用され続けている、世界最大級のオーディオメーカーです。
家庭用超高級スピーカーからイヤホン、ヘッドホン、ホームシアターを展開。また、トヨタを始めとする車載純正オーディオ、マルチメディア用などの民生機器から、世界中の映画館、スタジアム、コンサートホール、そして放送局やレコーディングスタジオなどが対象となる業務用機器を投入しています。JBLは世界中の競技場で音響システムとして採用されており、様々な世界的なスポーツイベントでも採用されています。

<ハーマンインターナショナル(米国本社/Harman International Industries, Incorporated)について>
ハーマンインターナショナルは、プレミアム・オーディオ、ビジュアル、コネクテッド・カーと、それらを統合したソリューションを、自動車、消費者、プロフェッショナルの市場に向けて、設計・製造・販売しています。弊社のAKG(R)、Harman Kardon(R)、Infinity(R)、JBL(R)、 Lexicon(R)、Mark Levinson(R)、Revel(R)を含む主要ブランドは、オーディオ愛好家やアーティスト、イベント/コンサート会場などで多く利用され、称賛を受けています。また今日では、弊社のオーディオやインフォテイメント・システムが装備された自動車が世界で5,000万台以上走っており、弊社のソフトウェアサービスは、オフィスや家庭、車やモバイルなどあらゆるプラットフォームにおいて、何十億台ものモバイル端末やシステムが安全な接続や統合を行えるよう、支えています。ハーマンインターナショナルは全世界に約30,000名の社員が在籍し、2017年3月にて韓国サムスン電子の子会社となりました。

【お客様のお問い合わせ先】
ハーマンインターナショナルコールセンター
Tel: 0570-550-465
https://jp.jbl.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング