第25回日本乳癌学会学術総会においてアデランスがランチョンセミナーを初共催

PR TIMES / 2017年7月28日 16時35分

 総合毛髪関連企業・株式会社アデランス(本社:東京都新宿区、代表取締役 津村 佳宏)は、2017年7月13日(木)~15日(土)、マリンメッセ福岡・福岡国際会議場(福岡県福岡市)において開催された第25回日本乳癌学会学術総会で、アデランスがスポンサーシップをとるランチョンセミナーを初めて共催いたしました。



 会期中の15日(土)、アデランス共催のセミナーが実施され、大分大学医学部 消化器・小児外科学講座 教授の猪股 雅史先生が講演し、がん研究会有明病院 乳腺センター長の大野 真司先生が座長を務めました。
一方、企業展示では、医療用ウィッグをはじめとした当社商品にも、多くの医療関係者から注目されました。


[画像1: https://prtimes.jp/i/10292/244/resize/d10292-244-319391-0.jpg ]

 日本乳癌学会は「乳がんに関する基礎的ならびに臨床的研究を推進し、社会に貢献するとともに、社員及び会員である医師等の乳癌の研究、教育及び診療の向上を図ること」を目的に、10,000人にも及ぶ会員数を擁する一般社団法人で、学術総会への来場者数は5,000人を超えるものとなっています。
 第25回を迎える今回の学術総会は、「新たなる一歩 -ライフサイエンス研究の進歩-」をテーマに福岡県福岡市で開催され、アデランスが本学会にセミナーで共催するのは初めてとなります。

 アデランスはトータルヘアソリューションにおけるリーディング企業の使命として、経営理念の一つである「最高の商品」の開発および毛髪関連業界の発展を目指し、機能性人工毛髪や医療用ウィッグの研究開発、育毛・ヘアスカルプケア関連研究、抗がん剤脱毛抑制研究など、産学連携をもって毛髪関連の研究を積極的に取り組んでおります。
 その産学共同研究の成果を国内外の学会を通じて発信し、また、世界の研究者に研究成果を発表していただくことは、毛髪界の更なる進展となり、ひいては多くの方の髪の悩みの解消に寄与し、当社のCSR(企業の社会的責任)であると考えております。
[画像2: https://prtimes.jp/i/10292/244/resize/d10292-244-974054-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/10292/244/resize/d10292-244-668700-2.jpg ]

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング