JAL、近距離国際線エコノミークラス機内食をリニューアル

PR TIMES / 2019年5月28日 16時40分

~「賛否両論」の笠原 将弘シェフの監修メニューを提供~



2019年5月28日

JALは、「空の上のレストラン」をコンセプトに、プレミアムエコノミークラス・エコノミークラスにて「JAL KITCHEN GALLERY(JALキッチン ギャラリー)」として、新しい“驚き”と“楽しさ”に出会える機内食をお届けしています。
2019年6月1日から、昨年も好評いただいた「賛否両論」の笠原 将弘シェフの監修メニューを提供します。今回は「出汁」をテーマに、笠原シェフがJALの機内食のために作り上げたオリジナル和食メニューをお楽しみ下さい。
JAL機内食「空の上のレストラン」では、今後も、JALでしか体験できない美味しいお食事とともに、心地よくお過ごしいただける空間と新鮮な驚きや楽しさに出会える時間を提供してまいります。

●対象クラス:プレミアムエコノミークラス・エコノミークラス
●提供期間 :2019年6月1日~11月30日
●提供路線 :成田/羽田/中部/関西発、北京、大連、天津、上海、広州、香港、台北、高雄 行き
●メニュー内容
[画像1: https://prtimes.jp/i/30684/244/resize/d30684-244-499636-3.jpg ]


<6月1日~15日、9月1日~15日 提供メニュー>
★メインディッシュ :カレー丼
★サイドディッシュ :黒ごまポテト
フレッシュサラダ
★デザート

<今後の提供メニュー>

[画像2: https://prtimes.jp/i/30684/244/resize/d30684-244-810343-7.png ]


※メインディッシュは15日ごとに変更します。
詳細はJALホームページでご案内します。URL: https://www.jal.co.jp/inter/service/economy/meal/
※写真はイメージです。

[画像3: https://prtimes.jp/i/30684/244/resize/d30684-244-695602-1.jpg ]


笠原 将弘 (賛否両論)
1972年東京生まれ。「正月屋吉兆」で9年修行後、武蔵小山にある実家の焼鳥店「とり将」を継ぐ。店の30周年を機に一旦店を締め、2004年、恵比寿に自身の店「賛否両論」を開店。独創的な感性で作り上げる料理が評判を呼び、たちまち予約の取れない人気店となる。2013年、名古屋に「賛否両論 名古屋」、2014年、広尾に「賛否両論 はなれ」を開店。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング