公務員は“飲ミュニケーション”重視、エンジニア・デザイナーは酔うとよくしゃべる… インフォグラフィック 「オシゴト別 飲み会事情」公開

PR TIMES / 2013年8月22日 9時13分

■公開日:2013年8月22日(木)  ■URL:http://r.gnavi.co.jp/g-interview/201308oshigotobetsu-enkai.html

 株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎)は、インフォグラフィック「オシゴト別 飲み会事情」(http://r.gnavi.co.jp/g-interview/201308oshigotobetsu-enkai.html)を公開しました。




 インフォグラフィックとは、インフォメーションとグラフィックを掛け合わせた造語で、情報やデータをイラストやグラフなどで視覚的に表現することで、分かりやすく内容を伝えられるものです。これまでに、「すし用語」、「ビールをよく飲む都道府県ランキング」、「居酒屋メニューの食べ合わせ」、「焼鳥の部位」を公開し、第5弾となる今回は、「オシゴト別 飲み会事情」がテーマです。

 堅いイメージの「公務員」、飲み会頻度が多そうな「会社員(営業系)」、独特のこだわりがありそうな「エンジニア・デザイナー」、自由なイメージの「アルバイト・フリーター」のタイプが異なる4つの職業別に、飲み会事情を徹底調査し、その結果をインフォグラフィックにまとめました。酔うととにかく笑うのが公務員、よくしゃべるのがエンジニア・デザイナー、財布のひもが緩み、記憶をなくすのが会社員(営業系)、ソフトドリンクをよく飲むためか、記憶をなくすことが少ないのが、アルバイト・フリーターと、それぞれの特徴をわかりやすくまとめています。

 本インフォグラフィックは、秋・冬の宴会シーズンに先駆けて、個人のTwitterやフェイスブックなどのソーシャルメディアでの幅広いシェアや拡散を目指し、ぐるなびの公式Twitterや、フェイスブックページなどでも公開していきます。今後も食にまつわるインフォグラフィックを公開していく予定です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング