1/2.33型 16メガピクセルSmartFSIイメージセンサを開発

PR TIMES / 2012年6月14日 11時59分



パナソニック株式会社 デバイス社は、高感度化と画質の均一性[1]とを両立する新MOSイメージセンサSmartFSI(R)※1技術を開発し※2、商品化第1弾として2011年11月よりデジタルカメラ向け14メガピクセル品※3を量産しています。さらなる高感度化と低ノイズ化を図った16メガピクセルSmartFSI(R)※1イメージセンサ(品番:MN34120シリーズ)を商品化第2弾として、2012年6月より量産開始します。

【効 果】
本製品を使用することにより、デジタルカメラやムービーといった機器に搭載されるカメラの高感度化・高画質化を実現できます。また、本技術を展開することにより、スマートフォンを含むモバイル端末の高感度化・高画質化・薄型化を実現できます。

【特 長】本製品は以下の特長を有しております。

1.業界トップレベル※4の高感度 3200 el/lx/sec/um2かつ画質の均一性を実現することにより、カメラモジュールの薄型化が可能

16メガピクセルSmartFSI(R)は画素の面積が当社従来品※3の86%と縮小したにも関わらず、当社従来品※3の3050el/lx/sec/um2から3200el/lx/sec/um2へと業界トップレベル※4の高感度を達成しました。同時に小面積化による色ばらつきを抑え、さらなる高画質を実現可能にしました。さらに、カメラの薄型化にともない発生するセンサ周辺の画素での混色[5]現象や集光率の低下も防ぐことができ、色ムラや輝度ムラのない高画質な薄型カメラの実現も可能としました。


2.暗い場所における撮影で課題となるノイズを当社従来品※3比約70%に低減

夜景や暗い室内の撮影では、カメラの感度を上げて撮影する必要が出てきます。しかしカメラの感度を上げるとイメージセンサのノイズの影響が出て、撮影した画像にざらつき感が出てきます。今回のSmartFSI(R)※1イメージセンサでは、画像のざらつき感を一層低減し、夜景や暗い室内でも細部のディテールまで高い解像感を保ったまま描写することが可能となりました。


3.フルHD動画撮影時の消費電力を当社従来品※3比約30%削減

デジタルカメラやスマートフォンを含むモバイル端末での動画撮影の機会が増えていく中、高解像度と低消費電力の両立を実現し、フルHD動画の長時間撮影を可能としました。




【内 容】
本製品は以下の技術によって実現しました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング