ぐるなび、Square、三井住友カード、 全国の飲食店向けの決済機能強化で協業

PR TIMES / 2013年8月22日 12時49分

「ぐるなびPRO認証システム」対応のスマートデバイスで多様な決済対応が可能に

 株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保 征一郎、以下 ぐるなび)、Square株式会社(米国本社:米カリフォルニア州サンフランシスコ、同CEO:ジャック・ドーシー、カタカナ表記:スクエア)、および三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田 秀男、以下 三井住友カード )は、全国のぐるなび加盟店のうち約1万店が利用する「ぐるなびPRO認証システム」の決済機能の強化を目的とした協業を開始致します。



 従来「ぐるなびPRO認証システム」設置店舗がクレジットカードと電子マネー(一部を除く)での決済を受け付けるには、「ぐるなびPRO認証システム」対応のスマートデバイスと、クレジットカードおよび電子マネー決済用の専用端末がそれぞれ必要でした。今回の協業によりぐるなび加盟店は「ぐるなびPRO認証システム」対応のスマートデバイスで、「ぐるなび」のポイントサービス利用に加え、クレジットカードや電子マネーの決済方法に対応することが可能になります。クレジットカード決済は2013年8月から、電子マネー決済は今年度中の開始を目途に検討致します。

 現在、クレジットカードおよび電子マネーの利用は一般化され、あらゆる会計シーンで見られるようになっていますが、飲食業界においては、4割~5割がクレジット決済未導入、9割以上が電子マネー未導入です(ぐるなび調べ)。今回の協業により、まずは全国約13万7千店の加盟飲食店に対し、「ぐるなびPRO認証システム」を利用したクレジットカード、電子マネー決済の導入提案を行い、ぐるなび加盟店およびそのお客様の利便性を向上させ、さらなる集客支援を致します。

クレジットカード決済機能の追加について
 2013年8月から利用可能です。「ぐるなびPRO認証システム」のスマートフォンにインストールされたSquareのアプリから利用可能です。Squareは、初期費用が一切かからず、一回のクレジットカード取引につき決済金額の3.25%を手数料として負担するだけで、簡単に利用できるサービスです。

電子マネー決済機能の追加について
 ぐるなびと三井住友カードとの協業により、今年度中に「ぐるなびPRO認証システム」への電子マネー決済機能追加を検討致します。


 ぐるなびとSquare及び三井住友カードは、ぐるなび加盟店に対して決済手段の選択肢を増やすことによって利便性向上を図り、今後もぐるなび加盟店の事業支援のために様々な施策を検討していきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング