「世界で最もセラピー効果のあるロボット」メンタルコミットロボット「パロ」ギネス認定10周年記念限定色販売キャンペーン(お知らせ)

PR TIMES / 2012年10月3日 17時33分



大和ハウス工業株式会社は、セラピー用アザラシ型ロボット「パロ」のギネス世界記録TM認定10周年を記念して、「さくら」色と「チャコールグレー」色の「パロ」を期間限定(2012年9月20日~12月25日)、数量限定で200体発売を開始しました。

 ギネス世界記録TMに「Most Therapeutic Robot(世界で最もセラピー効果のあるロボット)」として認定された「パロ」は、タテゴトアザラシの赤ちゃんをモデルにした、人と共存するロボットです。独立行政法人産業技術総合研究所(本部:茨城県つくば市、理事長:野間口有)の柴田崇徳主任研究員が開発し、2005年3月から株式会社知能システム(本社:富山県南砺市、社長:大川丈男)にライセンスを与えて販売を開始。当社でも2010年11月より販売しています。
 「パロ」は、人と動物との触れ合いにより効果が期待できるアニマルセラピー効果(※1)(心理的効果:元気付け・ストレスの軽減、社会的効果:コミュニケーションの活性化等)が期待できるロボットとして、現在、世界30ヵ国以上の高齢者施設や病院などで約2,200体(国内約1,800体、海外約400体)導入されています。
 2009年には、FDA(アメリカ食品医療薬品局)により、医療機器としての承認も得ており、  また2012年には、ドイツのニーダー・ザクセン州において、在宅の認知症高齢者に対する「パロ」による訪問セラピーの費用が、健康保険(日本の介護保険)の適用対象となりました。
 ※1.ペットとのふれあいにより、人の心の病を治療・予防し、体のリハビリテーションに役立てる方法。

【詳しくはこちら】
http://www.daiwahouse.co.jp/robot/index.html?ad=pr




企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング