【ソニー 新CM】山下真司がローラに猛烈アプローチ!? 熱血漢の山下真司と、天真爛漫なローラの異色コンビが “ソニーのブルーレイ” 新CMで共演

PR TIMES / 2012年10月11日 12時53分



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
山下真司がローラに猛烈アプローチ!?

熱血漢の山下真司と、天真爛漫なローラの異色コンビが
“ソニーのブルーレイ”  新CMで共演

新CM「オレの主張」・ 「ローラにジャンプ」篇
10月13日(土)よりO.A.開始
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ソニーマーケティング株式会社は、山下真司さんとローラさんを起用した、“ソニーのブルーレイ”の新CMを10月13日(土)よりO.A.開始いたします。
 今回、 “ソニーのブルーレイ”の「出演者や番組を自動でどんどん録画し、再生時も見たいシーンにすぐジャンプできる機能」のメタファーとして、山下真司さんを起用。熱血漢のイメージそのままに、“好きな人を一直線に追いかける男”としてCMに登場します。そして、山下さんが、その“ソニーのブルーレイ”の機能説明にかこつけて、大好きなローラさんへ猛烈アプローチを試みるというストーリーとなっております。

CMは、山下さんがローラさんへの思いの丈を一人熱く語る「オレの主張」篇と、山下さんが初めて対面したローラさんへ必死にアプローチするものの、ローラさんの持ち前の天真爛漫なキャラクターに軽くいなされてしまう「ローラにジャンプ」篇の2バージョン。

また、スペシャルサイトでは、10月11日(木)より、今回のCMに加えて、山下さんによる“ソニーのブルーレイ”の機能解説ムービー「好きなら、あきらめるなよ!」もお楽しみいただけます。

【CM概要】 「オレの主張」篇・「ローラにジャンプ」篇
2012年10月13日(土)より全国順次O.A.予定

【特設サイトURL】 http://www.sony.jp/bd/special 
          ※WEBサイトは10月11日(木)10:00よりオープンいたします。


【CMストーリー】
「オレの主張」篇
ローラさんの顔写真がプリントされたTシャツを着て、仁王立ちする山下さん。“ソニーのブルーレイ” の機能説明と絡めて、ローラさんへの熱い想いを独白。最後に「こいつと、好きな人、追いかけてみないか?」と決め台詞を。
「ローラにジャンプ」篇
山下さんがローラさんとついに初対面。“ソニーのブルーレイ”の新機能「もくじでジャンプ」を解説しながら、「つまり、ローラにジャン~プ!!」とローラさんとの距離を一気に詰める。大好きなローラさんを目の前に「こいつと、好きな人、追いかけてみないか?」と満足気な山下さんと、あっけらかんとして意に介していないローラさんのやりとりをコミカルに描く。


■ 撮影エピソード
今回が初共演となるお二人は、撮影当日が初対面。しかもお二人が出会う初々しさや、ローラさんの自然体なキャラクターに対する山下さんのとまどいなどを全面的に引き出すため、撮影スタジオに入って向き合って座るまで、事前の楽屋挨拶なども一切行わず本番を迎えました。また今回は、あえてローラさんにはCMコンテ等を一切説明せずに進行。CM内での山下さんとのやりとりは、ほぼアドリブです。
先にスタンバイしていた山下さんの元に、ローラさんが「ヤッホー」と登場すると、その天真爛漫なローラさんのキュートな姿勢に、狙い通り若干の戸惑いを隠せない山下さん。熱いセリフ回しでキャラクター作りをしていた山下さんの顔が思わずほころび、また翻弄されている姿に、スタジオ内のスタッフも笑いをこらえるのに必死。
山下さんもある程度は、ローラさんから奇想天外な発言が飛んでくるだろうと覚悟して撮影に臨んでいましたが、想像を上回るローラさんの発言や質問に、思わず言葉に詰まってしまう場面も・・・。
ローラさんは山下さんに対して「髪に何つけてるの?」「クレープ食べに行く?」とあくまで自然体。山下さんがバレーボールをやっていたと知ると、「わー、何バレーボール?」と不思議な問いかけをし、山下さんが「・・・バレーボールは、バレーボール!」と鋭く答える場面も見られました。
撮影時間が過ぎていくと、山下さんもすっかりローラワールドに染まり、メイキングカメラを見つけると二人で「OK~、いい感じ~」とほっぺの前で丸をつくるローラさんお馴染のポーズを披露するなど、スタジオ内には常に笑いが途絶えず、最高の雰囲気で撮影は終了しました。


■ ソニー ブルーレイディスクレコーダー 「もくじでジャンプ」機能とは?
録画リスト画面上でタイトル選択時や、番組再生中に、リモコンの「コーナー目次」ボタンを押すと、画面に番組のコーナー毎に目次が表示されます。見たい目次を選べば、該当箇所のみをすぐに視聴できます。
また、番組内で紹介された「お店」「商品」情報もすぐに画面でチェックすることができます。
※ご利用には、本機をインターネットに接続する必要があります。地上デジタル放送に対応しています。目次情報は「関東地区(1都6県)」「東海地区」「関西地区」で放送されている番組。その他の地域は、NHK総合および、関東地区の民法キー局で放送されている番組に付与されます。録画開始から1~2時間語を目安に情報をダウンロードすることができます。

製品情報URL : http://www.sony.jp/bd/



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング