<マイナビ研修サービス> 業界初の『医療法人のための説明会プレゼンテーション研修』を開催

PR TIMES / 2012年6月29日 11時30分



~ 医療法人採用担当者向け公開研修 ~

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、社長:中川信行)は、業界初となる医療法人の採用担当者向け公開研修『医療法人のための説明会プレゼンテーション研修』を7月18日(水)に開催します。

マイナビは、看護学生のための総合情報サイト『マイナビ看護学生(http://nurse.mynavi.jp)』を運営しています。「多くの医療機関が抱える人材採用における課題を共に解決していく強力なパートナーでありたい」「看護学生に“正しい情報”を伝え、自分の将来や働く環境を自ら探して欲しい」と考え、医療業界の「雇用」「育成」「組織作り」という観点から、医療機関と看護学生に向けたサービスを提供しています。本プログラムは、そのサービスの一環として、企業の採用活動をサポートする「マイナビ研修サービス」の主力企画である『採用力強化シリーズ』を医療法人向けにカスタマイズした研修となっており、業界で初めて開発・実施することになりました。

本研修は、採用説明会などにおいて、看護学生の志望度を引き上げるための考え方やプレゼンテーションスキルの習得を目的としています。説明会は看護学生にとって、病院関係者と出会う「最初の機会」です。限られた時間の中で、病院に関する情報を直接自分の目で確かめ、感じようとしています。一方、病院側はその前提を踏まえて、「学生視点」で情報を発信する必要があります。また、病院側にとって説明会は、パンフレットや採用ホームページでは伝えきれない自院の“生(リアル)”な情報を、“積極的(アクティブ)”に発信できる場所です。この「リアル&アクティブ」という説明会の利点を最大限に活かし、自院の魅力(強み)を効果的に発信して、看護学生を惹きつけるためには、採用担当者のプレゼンテーションスキルが非常に重要な要素となります。


◆―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――◆

≪マイナビ研修サービス『医療法人のための説明会プレゼンテーション研修』概要≫

■ 医療法人向けに限定したプログラム内容
採用説明会などで、看護学生の心を惹きつけるプレゼンターになるための考え方とスキルの習得について解説します。「看護師採用における説明会の目的」「看護学生に伝えるべき3つの基本」「採用説明会で使える“惹きつける技”」など、すべての内容において医療法人の採用を支援する内容です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング