TBS系列にて4月スタート!月曜よる8時『ハンチョウ~警視庁安積班~』待望のシリーズ第5弾は安積班メンバーを一新!!比嘉愛未、小澤征悦、福士誠治ほかフレッシュな顔ぶれで完全アウェイとなる警視庁へ!!

PR TIMES / 2012年2月27日 13時33分

2009年4月13日に『ハンチョウ~神南署安積班~』としてスタート以来、ご好評をいただいている『ハンチョウ』シリーズの第5弾が、いよいよこの4月からスタートする。

今までチームワークの強さを活かして、難事件を解決してきた佐々木蔵之介演じる警部補・安積剛志が、今回は事件捜査の要である警視庁へ異動して未解決事件や潜入捜査、失踪事件などこれまで以上に幅広い事件の解決に挑むことになる。

所轄では名を馳せた安積だが、エリートたちが集う警視庁はいわば“完全アウェイ”。この困難な状況をどう克服して事件解決へと導くのかが見どころだ。

安積がチームを組むことになる注目のメンバーは、これまでにいずれ劣らぬ強力なキャラクターが勢揃い。

安積班のナンバー2、尾崎誠警部補に小澤征悦、若手の行動派刑事・小池竜也に福士誠治、そして小池にライバル意識を燃やす紅一点、結城沙緒里を刑事役初挑戦となる比嘉愛未が演じる。

主演の佐々木蔵之介は「神南署から警視庁へ異動という異例の展開と聞き、驚きです。警視庁は安積にとって“完全アウェイ”の新天地で人間関係を一から構築するところからのスタートとなり、果たしてどうなっていくのか?ある意味クランクイン前からワクワクしています。警視庁だけに捜査に関わる幅も広く、ハンチョウの責任はさらに重くなるとは思いますが、ドラマにはより強い面白さが加わると思います。なぜ安積が異動することになったのか?の謎解きも、このシリーズ通しての見どころだと聞いています。新メンバー、スタッフと共に前作を超える『ハンチョウ』を目指してこれから撮影に望みます。是非お楽しみ下さい」と、新シリーズへの意欲を語った。

新メンバーの比嘉愛未は「普段、観させていただいていたドラマに、まさか自分が出演できるとは思ってもいなかったので、うれしい気持ちですが、これまでの番組ファンの方もいらっしゃいますし、今まで作り上げてこられたものがあると思うので、どう向き合えばいいのか、迷っている部分もあります。今までご覧になってこられた方たちに、こんな『ハンチョウ』もありだねって思っていただけるよう、私も力になれたらうれしいです」。

小澤征悦は「大好きな俳優の佐々木蔵之介さんと、共演できることがすごく楽しみです。シリーズ5作目と続いている作品なので、番組に関わるスタッフのみなさんの結束力も強いものがあると思いますが、そんな作品に自分も関われるということはすごくうれしいことですし、自分もできる限りのことを頑張れればと思います。がんばります!」。

福士誠治は「シリーズ化されているドラマですが、新たなメンバーで作品に臨むということで、新しい『ハンチョウ』の世界観が出せればいいなと思っています。 手探りの部分もありますが、土台はできていると思うので、そこでどう変化できるのか、すごく楽しみです。佐々木蔵之介さんとは以前、映画でご一緒させていただいているので、また共演できることをうれしく思っています」と、それぞれ抱負を述べた。

さらに鑑識課員役に六平直政と加藤夏希、捜査一課管理官役に合田雅吏が出演する。その他にも豪華なレギュラーメンバーや、新シリーズの幕開けにふさわしいゲストも随時発表される予定だ。

なぜ、安積が異動となったのか?警視庁内でも極秘とされているその理由と、回を追うごとに明らかになっていくある事件の真相を追う謎解きも見どころとなる。

橋本孝プロデューサーは「渋谷の小さな警察署を舞台にシリーズ4まで展開してきた『ハンチョウ』ですが、シリーズ5はスペシャルバージョンとして、安積警部補が警視庁捜査一課に異動になるところから始まります。「警視庁安積班」の刑事たちは、比嘉愛未さん、小澤征悦さん、福士誠治さんという個性豊かな面々。さらに、これから随時明らかになる存在感溢れる大物新メンバーも加わって、安積は完全なアウェイ状態に…。新天地で安積はどこまで「ハンチョウ」らしさを貫くことができるのか!? そのあたりがシリーズ5の見どころになると思います」と語る。

ライバルは前作!! 完全アウェイ状態での安積の活躍と、新メンバーとの関係、そして今後明らかにされるこのシリーズの鍵を握る人物の存在。

今までの魅力はそのままに、新たな世界へと船出する『ハンチョウ~警視庁安積班~』がやって来る!! 乞うご期待。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング