ライフネット生命保険 2012年度第3四半期決算短信

PR TIMES / 2013年1月30日 18時26分

保険料等収入が前年同期比で64.4%増加するとともに、開業以来初めて四半期で純損益及び営業キャッシュ・フローが黒字化

      ライフネット生命保険 2012年度第3四半期決算短信

     保険料等収入が前年同期比で64.4%増加するとともに、
  開業以来初めて四半期で純損益及び営業キャッシュ・フローが黒字化
……………………………………………………………………………………………




 ライフネット生命保険株式会社 (URL: http://www.lifenet-seimei.co.jp/ 本社:東京都千代田区、代表取締役社長:出口治明) の2012年度第3四半期会計期間(2012年10月1日~2012年12月31日)及び第3四半期累計期間(2012年4月1日~2012年12月31日)における決算の概要を以下のとおりお知らせします。

 1.2012年度第3四半期決算の概要
(1)経営成績
契約の状況
 2012年度第3四半期会計期間の新契約件数は、前年同期比96.4%の13,776件となるとともに、当第3四半期累計期間の新契約件数は、前年同期比99.5%の44,485件となりました。2012年11月12日には保有契約件数15万件を突破し、「開業後5年以内に保有契約件数15万件」という経営目標を達成しました。当第3四半期会計期間末時点の保有契約件数は、前事業年度末比132.1%の155,947件、保有契約の年換算保険料は、前事業年度末比131.2%の6,389百万円となりました。また、当第3四半期累計期間の解約失効率は、6.3%(前年同期6.4%)となりました。


収支の状況
 当第3四半期累計期間の保険料等収入は、保有契約件数の増加に伴い、前年同期比164.4%の4,260百万円と大幅に増加しました。また、資産運用収益は、前年同期比106.7%の37百万円と増加しました。その他経常収益は、支払備金戻入額を計上したことにより、50百万円となりました。この結果、当第3四半期累計期間の経常収益は前年同期比165.3%の4,348百万円となりました。

 当第3四半期累計期間の保険金等支払金は、定期死亡保険「かぞくへの保険」の保険金の支払いは減少したものの、保有契約件数の増加に伴う終身医療保険「じぶんへの保険」の給付金の支払いの増加等により、前年同期比116.1%の361百万円と増加しました。責任準備金等繰入額は、前年同期比129.2%の977百万円となりました。当第3四半期累計期間から、責任準備金の精緻化を図るために、金融庁の認可を受け算出方法を変更したことから、責任準備金繰入額は従来の算出方法と比べ、445百万円減少しました。なお、責任準備金の算出方法の変更は、すべての保有契約に適用しております。また、事業費は、第3四半期会計期間には減少したものの、第2四半期まで認知度向上を目的とした広告宣伝等を積極的に展開したことにより、前年同期比139.0%の3,750百万円となりました。事業費のうち、広告宣伝費を中心とした営業費用は2,112百万円、保険事務費用は402百万円、システムその他費用は1,235百万円となりました。この結果、当第3四半期累計期間の経常費用は前年同期比134.5%の4,063百万円となりました。なお、当社は、保険業法第113条に基づき、事業費の一部である2,069百万円を繰延べているため、経常費用から控除しております。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング