【2020年女性の転職市場レポート】コロナ禍で転職求人倍率は前年の55.2%まで低下。2020年9月以降は右肩上がりの回復傾向に。

PR TIMES / 2021年1月27日 18時15分

正社員で長く働きたい女性のための転職サイト『女の転職type』は、コロナ禍の2020年の転職求人倍率や求職者の傾向、求人の傾向をまとめた【2020年女性の転職市場レポート】をリリースいたしました。

▼詳しくはこちらからご覧ください。
https://woman-type.jp/academia/newsrelease/2021y/post-24/



[画像1: https://prtimes.jp/i/12506/248/resize/d12506-248-499313-0.png ]


TOPICS
★ 転職求人倍率は2020年5月で前年比55.2%まで大きく減少し、9月より回復傾向
★ 2020年4月~7月の期間では、就業していない人の応募が全体の4割に
★ 前年比で最も転職求人倍率が落ちたのは「サービス・販売系」職種で前年比50.4%
★ 「未経験OK」の求人は「エンジニア系」「クリエイティブ系」職種のみ前年比で減少傾向

調査詳細

【1】転職求人倍率(※)は2020年5月から大きく低下。9月から右肩上がりで回復傾向
[画像2: https://prtimes.jp/i/12506/248/resize/d12506-248-224033-1.png ]

※2019年1月の転職求人倍率を1として指数化
※転職求人倍率=求人数÷求人への応募人数

転職求人倍率は、緊急事態宣言後の2020年5月に大きく低下。先の見通せない状況下で、5月から採用を抑制した企業が多かったことが、転職求人倍率低下の要因と考えられます。
一方で2020年9月以降は、転職求人倍率は右肩上がりの回復傾向。2020年5月時点では前年比の55.2%まで落ち込んだ転職求人倍率ですが、2020年12月には前年比76.3%まで回復している傾向がみられました。


【2】2020年4月から「就業していない」人の応募が4割に増加
[画像3: https://prtimes.jp/i/12506/248/resize/d12506-248-572526-2.png ]

※全体の応募人数を100%にした場合の「就業している人」「就業していない人」の割合

コロナ禍の影響を見る上で応募時の就業状況に着目したところ、2020年4月頃から「就職していない」状態で求人へ応募する人が40%台に増加していることがわかりました。
このような背景には、コロナ禍の影響で退職を余儀なくされた人や、経済的な面で未就業だったが働く必要ができた人が増えた可能性が考えられます。


【3】職種別転職求人倍率は「サービス・販売系」職種が前年比50.4%まで減少
[画像4: https://prtimes.jp/i/12506/248/resize/d12506-248-127300-3.png ]

※2019年の転職求人倍率を1として指数化

前年比で最も転職求人倍率が低下しているのは「サービス・販売系」職種となり、前年比50.4%と半分程度まで大きく低下の傾向がみられました。次いで、「介護・医療・福祉系」職種が51.5%と前年比が2番目に低い傾向でした。
一方で「エンジニア、技術者、IT・システム系」職種は前年比で80.5%と減少幅が最も少ない結果でした。このような結果から、コロナ禍においてもエンジニアの採用ニーズは引き続き高いことがわかります。


【4】転職の難易度が上がった「サービス・販売系」職種だが、異職種へのキャリアチェンジの動きは見られず
[画像5: https://prtimes.jp/i/12506/248/resize/d12506-248-958348-4.png ]


【3】にて、前年比で転職求人倍率が大きく減少した「サービス・販売系」「介護・医療・福祉系」職種ですが、異職種へ転職する人は前年比でそれぞれ「+0.8%」「-0.6%」と大きく変化はみられませんでした。

一方で「エンジニア、技術者、ITシステム系」「クリエイティブ系」職種に関しては、前年比で同職種へ転職を希望する人の割合が増加している傾向がみられます。

また事務職に関しては、他の職種と比較して同職種への転職を希望する人の割合が非常に高いこともわかりました。

【5】エンジニアなどのより専門性の高い職種では、「未経験OK」の求人が減少
[画像6: https://prtimes.jp/i/12506/248/resize/d12506-248-240722-5.png ]


「エンジニア、技術者、システム系」職種では、「未経験OK」の求人が2019年の27.4%から2020年は19.4%と減少傾向でした。同様に「クリエイティブ系」職種も、2019年の43.7%から2020年は32.6%と減少しています。より専門スキルが必要な職種に関しては、従来以上に経験者への採用へ企業側が採用ターゲットをシフトしていたことがわかります。
また、より経験者採用の強化をしていたからこそ、【3】ではこのような職種だけ、同職種へ転職する割合が前年より伸びていたとも考えられます。

一方従来「未経験OK」の求人の割合が高い職種に関しては、「未経験者OK」の求人の大きな減少はみられませんでした。
元々未経験者を積極的に採用している職種に関しては、2020年以降のコロナ禍においても、未経験者でも転職のチャンスがあることがわかります。


総括
2019年と2020年の女性の転職市場を比較したところ、コロナ禍の2020年において、求職者にとっての転職の難易度は大きく上がったことがわかりました。2020年9月頃から徐々に転職求人倍率は回復傾向ではありますが、12月時点で前年の76.3%とまだ戻りきっていない状況です。

一方で、すべての職種で経験者採用に振り切った採用活動を強化していないことも、今回の調査でわかりました。全体の転職求人倍率は依然として厳しい状況ですが、女性の転職市場においては「未経験からでも活躍できる」職種や求人がまだあることがわかります。
『女の転職type』では、「長く働き続けたい女性」の転職活動を支えるべく、引き続きサービスの拡充とコンテンツ・情報提供で支援して参ります。


▼詳しくはこちらからご覧ください。
https://woman-type.jp/academia/newsrelease/2021y/post-24/

(調査概要)
●調査期間:2019年1月1日~2020年12月31日
●調査対象:『女の転職type』サイト内の求人数、応募数

『女の転職type』では、働く女性を対象に様々なアンケートを行っています。

第1回 「いつまで働く?」
https://woman-type.jp/academia/discover-career/data/vol-1/

第2回 「女性の活躍って?」
https://woman-type.jp/academia/discover-career/data/vol-2/

第3回 「面接って不安じゃない?」
https://woman-type.jp/academia/discover-career/data/vol-3/

第4回 「仕事は楽しい?」
https://woman-type.jp/academia/discover-career/data/vol-4/

第5回 「残業してる?」
https://woman-type.jp/academia/discover-career/data/vol-5/

第6回 「貯金できてる?」
https://woman-type.jp/academia/discover-career/data/vol-6/

第7回 「入社した人は活躍してる?」
https://woman-type.jp/academia/discover-career/data/vol-7/

第8回「応募資格は絶対?」
https://woman-type.jp/academia/discover-career/data/vol-8/

第9回「コロナ禍は転職に影響した?」
https://woman-type.jp/academia/discover-career/data/vol-9/

第10回「テレワークどうだった?」
https://woman-type.jp/academia/discover-career/data/vol-10/

第11回「何の仕事に転職したい?」
https://woman-type.jp/academia/discover-career/data/vol-11/

第12回「手に職ついてる?」
https://woman-type.jp/academia/discover-career/data/vol-12/

第13回「コロナで転職意欲は変化した?」
https://woman-type.jp/academia/discover-career/data/vol-13/

第14回「エンジニアってどんなイメージ?」
https://woman-type.jp/academia/discover-career/data/vol-14/

第15回「冬のボーナスどうだった?」
https://woman-type.jp/academia/discover-career/data/vol-15/


■『女の転職type』とは
----------------------------------------------------------------------------------------------------
正社員で長く働きたい女性のための転職サイトです。
未経験から正社員になれる求人、プライベートも充実できる残業が少ない求人、
仕事と育児を両立できる求人など、女性に人気の求人を多数掲載。
マッチング機能も充実しているので、自分に合った仕事を見つけることも簡単です。

■株式会社キャリアデザインセンター 会社概要
----------------------------------------------------------------------------------------------------
本社所在地■〒107-0052 東京都港区赤坂 3-21-20 赤坂ロングビーチビル
資本金■5億5866万円
設 立■1993年7月8日
従業員数■660名(2020年9月30日現在)
代表者■代表取締役社長兼会長 多田 弘實
事業内容■
1.キャリア転職の専門情報サイト『type』『女の転職type』等の運営
2.転職フェアの開催
3.人材紹介事業(厚生労働大臣許可 13-ユ-040429)
4.質の高い就職活動を情報誌、 イベント、 情報サイト、 人材紹介で支援する『type就活』サービス
5.パンフレット、 ノベルティー採用 HP 作成などのアウトソーシング事業
6.Webマガジン『20’s type』『エンジニアtype』『Woman type』の企画・編集・運営
など、 企業の採用活動をサポートする総合的なソリューションサービスを提供しています。


■ 本件に関するお問い合わせ先 ■
『女の転職type』事務局
URL: https://epfb.f.msgs.jp/webapp/form/21350_epfb_80/index.do

■ 求人掲載に関するお問い合わせ先 ■
URL: https://woman-type.jp/keisai/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング