内定者とインターン生が作る、就活生向け社会人へのインタビューサイト 『イキカタルポ』オープン!

PR TIMES / 2013年8月23日 14時34分

 人材総合サービス企業のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二、以下「エン・ジャパン」)は、学生が社会人の「働き方」「生き方」を学生目線で取材したインタビューサイト「イキカタルポ」(http://rupo.en-japan.com/)を本日オープンいたしました。



■イキカタルポのコンセプト


就活生に「働き方」「生き方」という新たな企業選びの軸を提案するインタビューサイト。

 「イキカタルポ」は、これから就職活動を行う学生が、社会人のいろいろな「働き方」「生き方」に直接触れることで、企業を選ぶ際に、自分が将来どう働きたいか、どう生きていきたいかということを考えてほしいという想いから立ち上がったインタビューサイトです。
 エン・ジャパンは「イキカタルポ」を通じて、どんな企業や仕事であっても懸命に取組んでいる人がいる、ということ発信します。就活生にとって、企業規模や知名度によらない“企業選びの軸”を持つきっかけになればと考えています。

■イキカタルポの概要


学生が社会人に仕事とプライベートをインタビュー。
社会人のいろいろな「働き方」「生き方」が見えるインタビューサイト。

 「イキカタルポ」では、エン・ジャパンの内定者とインターン生が社会人にインタビューをし、記事を作成します。学生である彼らがインタビューするのは、社会人の仕事とプライベート。自分たちが聞きたいことをインタビューするため、就職サイトや企業のホームページなどではなかなか見られない学生目線での社会人のいろいろな「働き方」「生き方」を知ることが出来ます。


■ イキカタルポの特長

情報発信主は学生!

 情報発信主は当社の内定者とインターン生。取材依頼から取材、原稿作成まで全て担当します。学生である彼らが聞きたい内容をインタビューし、記事にするため、“学生が知りたい社会人のありのままの姿”を発信します。


人にフォーカスした記事を掲載!

 就職サイトとは違い、企業ではなく人にフォーカスしたインタビューを行います。仕事に限らず、プライベートについても取材し、仕事に遊びにと、日々懸命に生きている社会人の人間性を見せ、社会人の数だけ「働き方」「生き方」があるということを伝えます。


■内定者の早期戦力化とインターン生のキャリア観形成を図ります


 「イキカタルポ」の運用を担当しているのは、エン・ジャパンに2014年4月に入社する内定者と、大学3年生のインターン生です。内定者には、早い段階から社会人になる意識を高めてもらうために、インターン生の管理やSNSによる情報発信など、責任のある仕事を任せています。また、インターン生にはいろいろな社会人の仕事や生活に触れることで、就職活動が本格化する前にキャリア観の形成を図ります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング