奈良文化財研究所 研究員が同行・解説!「アンコール遺跡群 西トップ遺跡調査修復現場 見学ツアー」発売

PR TIMES / 2012年6月7日 15時20分



近畿日本ツーリスト株式会社(本社:東京都千代田区、社長:吉川 勝久 以下、KNT)奈良支店では、独立行政法人 国立文化財機構 奈良文化財研究所(奈良市二条町、所長:松村恵司 以下、奈良文化財研究所)の協力のもと、「アンコール遺跡群 西トップ遺跡調査修復現場 見学ツアー」を発売しました。
 「西トップ遺跡(寺院)」はアンコール・トムの中心寺院として有名なバイヨンの西500mほどのところにあり、10世紀の碑文が発見されています。奈良文化財研究所では平成14年からこの遺跡の調査に入り、昨年度からは解体修理が始まっています。本ツアーでは西トップ遺跡調査修復現場を訪問し通常は立入禁止となっている区域まで進入して見学します。
 さらには、奈良文化財研究所都城発掘調査部 杉山 洋副部長(予定)による詳細説明と特別講義を行います。また調査補助作業を実際に体験することもできます(希望者のみ)。西トップ遺跡から発掘された数々の出土品を奈良文化財研究所シェムリアップ事務所にて間近にご覧いただきます。
 大変貴重な体験をいただける本ツアーに、皆様のご参加をお待ちしています。
【ツアー概要】
■旅行期間:平成24年7月10日(火)~14日(土) 5日間
■旅行代金:(2名一室大人お一人様)
      関西空港発着158,000円 成田空港発着178,000円
      西トップ遺跡研究調査の更なる発展を願い3,000円を寄付金として
      旅行代金に含ませていただいております。
■食事条件:朝食3回、昼食3回、夕食4回(機内食を除く)
■利用航空会社:ベトナム航空
■利用ホテル:【シェムリアップ】ソカ・アンコール
■行程:
7/10(火)関西空港または成田空港から空路ハノイ経由、カンボジア・シェムリアッ
     プへ(シェムリアップ泊)
7/11(水)アンコール・ワット、アンコール・トムをじっくり見学
     (シェムリアップ泊)
7/12(木)西トップ遺跡を訪問 杉山洋副部長(予定)による詳細説明、ならびに
     現地事務所にて特別講座「アンコールワット考古学/西トップ遺跡」を開催
7/13(金)タ・プローム遺跡、アーティザンアンコール、クメール王朝期の工芸品、
     国立博物館を見学 夕食後空港へ。空路ハノイ経由で帰国の途へ
7/14(土)朝、関西空港・成田空港到着後、解散


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング