S・ジョブズとのビジネスを計画していた! 最も近くにいた男が初めて語る『素顔のマイケル・ジャクソン』が6月18日発売!

PR TIMES / 2013年6月18日 13時59分

最後の10年で「最も近くにいた男」が初めて明かす、“キング・オブ・ポップ”の壮大な夢と苛酷な現実



マネージャー・側近として、親友として、“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソンとともに伝説のネバーランドに暮らしていたディーター・ウィズナー氏。最後の10年で「最も近くにいた」同氏が、ネバーランドでの日々やマイケルが計画していた壮大な夢を初めて明かす書籍『素顔のマイケル・ジャクソン』が、2013年6月18日に発売されます。

「メディアが伝え、人々が信じこむようになったマイケルの姿は、自分の知るそれとはまるで違っていた」「マイケルは私に秘密を打ち明け、恐怖によって引き起こされた絶望感を吐露した」と語るウィズナー氏によって明らかになる「素顔のマイケル」とは?

本書『素顔のマイケル・ジャクソン』はドイツで15万部発行されたベストセラー『MICHAEL JACKSON DIE WAHRE GESCHICHTE』(『マイケル・ジャクソン 真実の歴史』) の翻訳出版。本書を元にした4時間のテレビドキュメンタリーがアメリカで企画され、2014年5月に放送が予定されています。


■世界中が涙に暮れた、2009年6月25日
<ドイツ・ロートガウのオフィスで受け取った知らせ。衝撃とにわかには信じられないという思い。やがて悲しみと実感が襲い、その死が自分や世界にとって意味するところを考え始めます。「マイケルがあんなふうに悲劇的な、早すぎる死を迎えていなければ、どれだけのことを成し遂げていただろう」>

■ネバーランドでの日々
<ゾウが朝の水浴びをする様子を、邸宅の2階から眺めるマイケルと子どもたち。この後、マイケルは、ネバーランド内に開設した学校へ歩いて子どもたちを連れて行きます――。子どもたちはテレビを見ることやインターネットの使用を禁止されていましたが、代わりに敷地内の施設映画館で映画を見ることを勧められていました。地上の楽園ネバーランドでの鳥やトンボやワニ( ! ) と戯れる日々>

■スティーブ・ジョブズとのビジネスを計画していた!
<ファンと24時間、仮想空間でおたがいに交流できるようにしたい。新曲をダウンロードで提供する……。新しい試みへの準備が始まっていました。>


【商品情報】
書名:素顔のマイケル・ジャクソン
著者:ディーター・ウィズナー
訳:菊池由美
価格:定価1895円(税込)
発売日:6月18日発売
発行元:株式会社講談社
販売:全国書店
ISBN:978-4-06-218384-0

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング