建築に自由を与える。建築照明器具《Smart Archiシリーズ》新発売 光の指標の組合せで、より正確で質の高い照明設計を実現

PR TIMES / 2012年6月19日 11時40分



パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、建築照明器具《SmartArchi(スマートアーキ)シリーズ》の品揃えを強化、「建築に自由を与える。」を新コンセプトとして、2012年度上期中に22アイテム252品番を順次ラインアップします。新製品の光源はすべてLEDで、SmartArchiシリーズ全体では合計751品番(うちLEDは合計314品番)の品揃えになります。


-関連URL-
▼SmartArchiシリーズサイト
http://www2.panasonic.biz/es/lighting/smartarchi/  
(SmartArchi最新カタログを請求できます)
▼LED照明エバーレッズシリーズサイト
http://www2.panasonic.biz/es/everleds/


SmartArchiシリーズは、「光」「デザイン」「素材・品質」「空間」にこだわった製品(ハード)と、パナソニック株式会社 エコソリューションズ社ならではの光の指標(ソフト)を組み合わせた「輝度で考える照明設計」により、より正確で質の高い照明設計を実現するシリーズです。今回、屋内用としては明るさ感「Feu(フー)」をアップさせることで設置台数を減らし省エネが可能となったベースライト、屋外用にはさまざまな空間と調和するシンプルなデザインのスポットライトなどを品揃えしました。

間接照明や建築化照明を取り入れた建築空間などにおいては、従来の床面照度lx(ルクス)を用いた照明設計では、明るさを正確に評価できないことがありました。そこで開発されたのが、人が感じる空間の明るさ感指標「Feu(フー)」です。

屋内のような明るい空間ではlx(ルクス)とFeu(フー)を組み合わせることで、省エネと快適な光環境を両立した照明設計が可能となります。
一方、屋外のような暗い空間では、明るさ感が同じでも、光のメリハリ度によって人が感じる空間の印象は大きく異なります。そこでパナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、Feu(フー)に加え、「光のメリハリ度」を数値化した「V(ヴィー)」を新開発。暗い空間ではFeu(フー)とV(ヴィー)を組み合わせて、「落ち着きのある空間」と「賑わいのある空間」といった2つの雰囲気を定量化することが可能になりました。同じFeu値でも、メリハリ度が弱い(V値が低い)と落ち着き感のある空間に、メリハリ度が強い(V値が高い)と賑わいのある空間になります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング