太陽光発電システムによる電力提供を開始します

PR TIMES / 2013年3月8日 15時49分

電力不足や二酸化炭素量削減に貢献

株式会社ポイント(本部:東京都千代田区丸の内1-9-2、代表取締役会長兼社長:福田三千男)は、2013年3月11日(月)から、2012年7月にスタートした再生可能エネルギーの全量固定価格買取制度に基づき、太陽光発電システムによる電力提供を開始します。





実施施設は、茨城県東茨城郡に当社が所有する「茨城西物流センター」です。その約6,000坪の屋上に、出力999kWの太陽光発電パネルを設置しました。

年間予想発電量は約98万kWhを見込んでおります。この発電量は、一般家庭270世帯以上の電力使用量をまかないます。また、二酸化炭素排出削減量は約300tとなり、森林面積で換算するとおよそ85万m2 の森林が二酸化炭素を吸収する量に相当します。

当社は「世界で躍進する企業・ブランドに成長する」ことをビジョンとして掲げており、日本を含め、各地域のコミュニティ発展に貢献することが当社の責任であると考えます。このたびの太陽光発電システムによる電力提供を通じて、東日本大震災以降の電力不足への貢献、二酸化炭素量削減に寄与します。

■ 事業概要  
設置建物     : ポイント 茨城西物流センター (茨城県東茨城郡茨城町 中央工業団地内)
屋上面積      : 6,000坪(約19,800m2 )
出力規模      : 999kW
年間予想発電量 : 約98万kWh(一般家庭270世帯分)
             金額換算で約4,000万円相当量
運転開始日     : 2013年3月11日(月)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング