『ものづくり × IT』で地域活性 クリエイターの人材育成  パソナテックとリベラ「大阪Lab」 2月1日(土)オープン

PR TIMES / 2014年1月30日 18時2分

ITに専門特化した人材サービス・アウトソーシングサービスを行う株式会社パソナテック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 吉永隆一、www.pasonatech.co.jp)は、クリエイター※のコミュニケーション促進や人材育成を目的とした研究開発拠点「大阪Lab(ラボ)」をグランフロント大阪 ナレッジキャピタルに2月1日(土)オープンいたします。
「大阪Lab」は、ナレッジキャピタル内にオフィスを構えるリベラ株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役 本丸達也)と共同で、「ものづくり×IT」というコンセプトのもと、クリエイターの人材育成をはじめ、関西エリアの地域活性に取り組んでまいります。
また今回のオープンを記念し、2月27日(木)にオープニングイベントを開催いたします。




パソナテックは、地域に根付いた産業とITのコラボレーションによる新たな事業の創造や、テクノロジーで地域を元気にしたいと考えるクリエイターのコミュニケーション活性、人材育成を目的とした研究開発拠点「Lab」の運営を2012年より展開しており、現在「渋谷」及び「名古屋」で運営しています。

パソナテックとリベラは、中部エリアにおいて「モバイルITS(Intelligent Transport Systems)の利活用」の実証実験などを共同運営した実績があり、今後関西エリアについても同様の研究開発プロジェクトに共同で取り組んでいく予定です。

大阪Labは「ものづくり×IT」をキーワードに、産学連携で地域の様々な課題に取り組むオープンイノベーションを実施してまいります。関西における「人」と「技術」の交流による新たなコラボレーションを実施し、新しい事業を創造することで新たな雇用を作り、関西エリアの経済と雇用の活性化への貢献を目指してまいります。

※クリエイター:パソナテックが運営するLabでは、ものづくりの分野でスマホ/ITテクノロジーを駆使してアイデアを形にするエンジニア、クリエイター、マーケッター、アントレプレナーの方々を“クリエイター”と定義しています

■「大阪Lab」 概要
開設日: 2014年2月1日(土)
機 能: ・エンジニアの研究開発拠点機能として、技術や知識の提供だけでなく事業創造の支援
     ・企業や自治体、大学等の団体とエンジニアを結ぶオープンイノベーションの実現
所在地: 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪ナレッジキャピタル8階 リベラ株式会社内

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング