「SUUMO住みたい街ランキング2020 関東版」、「住民に愛されている街ランキング」を新発表

PR TIMES / 2020年3月3日 16時45分

住みたい街ランキング1位は3年連続「横浜」、住民に愛されている街ランキング1位「片瀬江ノ島」2位「馬車道」と住みたい街とは大きく異なる結果に

株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都港区 代表取締役社長:淺野 健)では、関東(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県)に居住している人を対象に実施したWEBアンケート形式による「SUUMO住みたい街ランキング2020 関東版」と「住民に愛されている街ランキング」を集計しましたので、概要をご報告いたします。



[関東] 住みたい街(駅)ランキング <総合>


総合ランキングは1位は2018年以降、3年連続で「横浜」。
過去2年上位3駅の顔ぶれは同じで、4位以下を大きく引き離していたが、今年は4位「大宮」が20代を中心に100点以上得点を伸ばし、3位「吉祥寺」に近づいた(10pと12pも参照)。
4位「大宮」、10位「浦和」に加え、「赤羽」が17位、「さいたま新都心」が19位になり、上野東京ラインと湘南新宿ライン(※)が並走する4駅がそろってトップ20入りした。
「中目黒」が12位から9位、「渋谷」が13位から11位、「表参道」が20位から15位、 「三軒茶屋」が37位から28位、 「青山一丁目」が64位から40位、「広尾」が56位から42位、「代官山」が73位から67位と「渋谷」周辺の駅が上昇。
「たまプラーザ」が39位から24位に上昇。得点も50点以上アップ。※湘南新宿ラインは「さいたま新都心」を通過


[画像1: https://prtimes.jp/i/28482/255/resize/d28482-255-782432-0.png ]


[関東]住民に愛されている街(駅)ランキング


住みたい街はJR、ターミナル駅が上位傾向だが、住民に愛されている(以下、愛されている街)は私鉄、各駅停車の駅が上位傾向。
1位「片瀬江ノ島」、8位「鵠沼」、10位「鵠沼海岸」と江ノ島・鵠沼エリアが上位。
横浜駅周辺で独特の景観をもつ「馬車道」が2位、「みなとみらい」が3位にランクイン。
4位「代官山」6位「麻布十番」13位「代々木上原」14位「牛込神楽坂」など閑静な住宅地の中に街のカルチャーを感じられる店が多い駅が上位に。


[画像2: https://prtimes.jp/i/28482/255/resize/d28482-255-730063-1.png ]



【調査概要】※詳細はプレスリリース参照
■調査目的
関東圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県)の住みたい街(駅)や自治体を明らかにすること。またその選択理由を把握すること。
■調査対象
関東圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県)在住の20歳~49歳の男女。
平成27年国勢調査の構成に合わせて、都道府県×性別×年代で割付けた。
■調査方法 インターネットによるアンケート調査
・「住みたい駅」は、画面上にプルダウンリストを3つ設置し、都道府県→沿線→駅の順で選択肢を
 絞り込む形。「住みたい自治体」は、都道府県→自治体の順で選択肢を絞り込む形。
・「住みたい駅」の対象駅は、1都4県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県) にある駅
 (新幹線の単独駅の本庄早稲田を除く)が対象。
 ・「住みたい自治体」の対象は1都4県(同上)のすべての自治体(「市区郡」まで。町村名は除く)が
 対象。
■調査期間
スクリーニング調査:2019年12月17日(火) ~ 2020年1月14日(火)
本調査:2020年1月6日(月)~ 2020年1月16日(木)
●スクリーニング調査対象数:278,445人 スクリーニング調査回収数:39,849人
●本調査有効回答数:7,000人
(2019年)本調査期間:2019年1月4日(金)~ 2019年1月11日(金)
(2018年)本調査期間:2018年1月5日(金)~ 2018年1月18日(木)
■調査実施機関  株式会社マクロミル

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング