BSIジャパン、インフォコム株式会社に ISO 20000(ITサービスマネジメントシステム)認証を実施

PR TIMES / 2014年11月28日 16時22分



 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 竹尾 直章、以下BSIジャパン)は、インフォコム株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長 竹原 教博、以下インフォコム)のエンタープライズ事業本部SGソリューション部とエンタープライズ事業本部TGサポート部の2部門に対し、ISO 20000(ITサービスマネジメントシステム)の認証を実施しました。

 インフォコムグループは、情報システムの企画・開発・コンサルテーション、携帯電話等へのコンテンツやeコマース等の提供、情報通信システムの企画・運用・管理等のサービス提供などの事業を展開しています。
インフォコムではすでに「データセンターサービス」と「緊急連絡/安否確認ASPサービス」について、ISO 20000の認証をBSIジャパンより取得していますが、このたびエンタープライズ事業本部SGソリューション部における「商社向け基幹システム運用サービス」と、エンタープライズ事業本部TGサポート部における「メーカー向け基幹システム運用サービス」の2つのサービスについても、ISO 20000の認証を取得しました。

<インフォコム株式会社からのコメント>
◆ISO 20000認証取得の目的
インフォコムでは、従来からITSMSを構築・運用することにより、「品質の維持向上」を図ってまいりました。

今回の取得の目的は、当社が提供する二つの「基幹システム運用サービス」が次の3つの事項を実現するために、国際規格に基づいたマネジメントシステムを構築し運用していることを、信頼される第三者(認証機関)からの認証を得ることで、さらに進化させていくことにあります。

1. お客様本位に立脚した安全で安定したITサービスの提供
2. お客様からの高い信頼ならびに満足の獲得
3. サービス事業の継続的進化(継続的な品質改善、品質向上の追求)

◆ISO 20000の構築・認証で良かった点
・エンタープライズ事業本部に、新たな組織のDNAを作ることができた。
(エンタープライズ事業本部長 尾崎 俊博 様より)

・継続的な品質改善活動を通じて顧客に貢献するという基本方針が、日々の活動の中でメンバーの意識に刻まれたと感じる。運用プロセスの標準化によりメンバーのレベルが均一化された結果、部全体の運用品質レベルが向上した。
(エンタープライズ事業本部SGソリューション部長 櫻井 誠 様より)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング