数々の話題作を生み出した 小説家・横山秀夫の作品「永遠の時効」がテレビ東京で待望のドラマ化!

PR TIMES / 2014年6月20日 9時40分

6月25日 夜9時放送 水曜ミステリー9「横山秀夫特別企画 永遠の時効」

「半落ち」「クライマーズ・ハイ」「64」など数々の話題作を生み出した小説家、横山秀夫。横山作品の中でも人気の高いF県警強行犯シリーズ「永遠の時効」が、このたびテレビ東京で待望のドラマ化!6月25日(水)夜9時から「水曜ミステリー9」にて放送いたします。



主人公の捜査一課強行一班・田中武次 役は「水曜ミステリー9」では初主演となる中村俊介。また、脇を固める刑事たちには、田中哲司、光石研、伊武雅刀、矢島健一といった実力派俳優が揃いました。

刑事たちの強烈なライバル意識、功名心と葛藤、緊迫する取調べ、新聞社との駆け引き、容疑者が残した謎の数字。群像サスペンスの傑作誕生です!


【主演・中村俊介(田中武次 役)コメント】

今回僕が演じた田中武次という人物は、捜査一課強行犯係の中では取調官というポジションにあって、心に深い闇を抱えているが故に、憎しみを糧に自らの任務を遂行する様なとても難しい役どころです。

横山秀夫先生の作品に出演させて頂くのは初めてでしたが、原作ファンも多いこの作品の世界観を壊さない様に気を付けつつ、自分なりのエッセンスも加えながら演じさせて頂きました。

見どころはたくさんありすぎて、とても一言では言い表せませんが、「笑わない男」朽木警部率いる強行一班のメンバーが、犯人を徐々に追い詰めていく過程や、班ごとの熾烈なまでのライバル意識、田中が取り調べで犯人を落としていく様子など、とにかく見どころ満載です。

とても男臭く、人間味溢れる作品ですので、是非楽しみにしていて下さい。


【プロデューサー 阿部真士(テレビ東京編成局ドラマ制作部)コメント】
今回、横山秀夫作品を「水曜ミステリー9」で初映像化するにあたり、一癖も二癖もある素敵な俳優陣に出演していただきました。横山作品のなかでも特に「F県警強行犯シリーズ」は人気シリーズですが、刑事たちの矜持がぶつかり合う、白熱する警察小説としての魅力を損なうことなく、しっかりと骨太の群像サスペンスとしてドラマ化できたと自負しています。

主役には、「水曜ミステリー9」初主演の中村俊介さんを迎え、「心に闇を抱える一方で、取調べに関しては一流の刑事」という難しい役どころを演じて頂きました。

特に中村さん演じる田中刑事が「鶴の恩返し」と呼ばれる独自のテクニックを駆使し容疑者を“落とす”シーンでは、現場で見ていてもゾワッと鳥肌のたつくらい鬼気迫るものがありました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング