【フジテレビ】ドキュメンタリー番組 ザ・ノンフィクション600回記念『老人と放射能 ~FUKUSHIMA~』 第1章 1月15日(日)、第2章 1月22日(日)

PR TIMES / 2012年1月13日 14時33分



=======================================================================
放送開始から丸16年、“視聴者目線”にこだわり続けたドキュメンタリー番組
ザ・ノンフィクション600回記念 『老人と放射能 ~FUKUSHIMA~』
第1章 1月15日(日)午後2時より
第2章 1月22日(日)午後2時より
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/thenonfx/
=======================================================================

 フジテレビは、放送600回を迎えるドキュメンタリー番組
「ザ・ノンフィクション」(日曜午後2時より放送中)にて、
1月15日(日)、1月22日(日)の2週連続にわたり、福島県浪江町の山里に
ひとりで暮らす男性に密着した『老人と放射能 ~FUKUSHIMA~』を、
放送いたします。

 本番組は、数ヶ月~数年単位にわたる長期取材をもとに、
視聴者の目線で描くことを信条に、家族をベースに人間関係を描く
ドキュメンタリー番組です。
 番組開始当初は、「日本の春」という企画で、東日本大震災が起こる
1年前の2010年3月から、福島県浪江町の山里で自給自足の生活を送る、
川本年邦さん(80歳)と浪江町の春の様子を記録していました。
 今回の放送は、撮影中、東日本大震災に伴う福島第1原子力発電所の
事故や放射能汚染問題などで、福島県浪江町は全町避難となるなど、
周囲の環境が変わる中、避難先の仮設住宅で自宅に戻れる日を待つ
川本さんの生き方をつづった内容となっております。

◆あらすじ
 川本さんは、田舎暮らしにあこがれ、12年前に東京から移住してきた後、
震災前まで水は山から引き、煮炊きは山から拾ってきた薪(まき)を使い、
自給自足の生活を送っていました。20代のころから毎年地元の小学校に
本の寄付や、昔懐かしい映画や幻灯の上映など、子供たちを
楽しませ続けてきた川本さんは、20年間コツコツとためてきた老後の資金を、
福島へ移住後、詐欺師によって全額だまし取られてしまいます。
一文無しになった川本さんに残されたのは、浪江町の山里だけでしたが、
その土地も放射能によって奪われてしまいますが、どんな過酷な状況に置かれても、
川本さんは人のために尽くすことをやめません。
一人の老人の生き方から見えてくる、幸せや豊かな人生への考え方に注目です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング