インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ、 東京・大阪2つのフランス料理レストランが2015 ミシュランに輝く

PR TIMES / 2014年12月23日 11時1分

ANAインターコンチネンタルホテル東京「ピエール・ガニェール」が5年連続二つ星、インターコンチネンタルホテル大阪「Pierre(ピエール)」がオープン1年半で初めて一つ星を獲得

インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ(運営会社/日本: IHG・ANA・ホテルズグループジャパン)のグループホテルであるANAインターコンチネンタルホテル東京(東京都港区)のレストラン「ピエール・ガニェール」とインターコンチネンタルホテル大阪(大阪府大阪市)のフレンチレストラン「Pierre (ピエール)」は、このほど、レストランやホテルのランキング誌として世界で広く認知されている「ミシュランガイド」においてそれぞれ、「ミシュランガイド東京 2015」二つ星と「ミシュランガイド関西 2015」一つ星を獲得しました。「ピエール・ガニェール」は5年連続の二つ星、「Pierre」はインターコンチネンタルホテル大阪のオープン1年半で初めて一つ星を獲得しました。



インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ(運営会社/日本: IHG・ANA・ホテルズグループジャパン)のグループホテルであるANAインターコンチネンタルホテル東京(東京都港区)のレストラン「ピエール・ガニェール」とインターコンチネンタルホテル大阪(大阪府大阪市)のフレンチレストラン「Pierre (ピエール)」は、このほど、レストランやホテルのランキング誌として世界で広く認知されている「ミシュランガイド」においてそれぞれ、「ミシュランガイド東京 2015」二つ星と「ミシュランガイド関西 2015」一つ星を獲得しました。「ピエール・ガニェール」は5年連続の二つ星、「Pierre」はインターコンチネンタルホテル大阪のオープン1年半で初めて一つ星を獲得しました。

レストランの格付けを表わすものとして知られているミシュランの星は、(1)素材の質(2)調理技術の高さと味付けの完成度(3)独創性(4)コストパフォーマンス(5)常に安定した料理全体の一貫性という5つのポイントの総合評価をもとに、二つ星は「遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理」、一つ星は「そのカテゴリーで特に美味しい料理」と格付けられます。

IHG・ANA・ホテルズグループジャパン エリア総支配人 東京地区 兼 インターコンチネンタルホテル東京の総支配人、マーカス・プラッツァーは、次のように話しています。「『ピエール・ガニェール』の5年連続の二つ星獲得を光栄に思っております。2010年のオープン以来、当ホテルを素晴らしいダイニング体験のできるホテルとして知らしめてくれました。同レストランに情熱を注ぐピエール・ガニェール氏と日本のチームの研鑽により、お客様にかけがえのない体験を提供しつづけてまいります」。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング