10月7日(日)より顧客向け商品カタログをジャンル別8分冊に拡大

PR TIMES / 2012年9月27日 12時30分



「工場で使える便利な通販」MonotaRO.com
10月7日(日)より顧客向け商品カタログをジャンル別8分冊に拡大
~総ページ数約5,000ページ、発行部数160万部、25万点超のアイテムを掲載
MonotaROサイトの取扱い商品は50万点増の200万点に、当日/翌日出荷商品は20万点超に拡充~


 工業用間接資材※1通信販売最大手の株式会社 MonotaRO(モノタロウ)(本社:兵庫県尼崎市、代表執行役社長:鈴木雅哉、URL:http://www.monotaro.com/)は10月7日(日)、顧客向けの商品カタログ『間接資材総合カタログ REDBOOK Vol.8』を発刊いたします。
  MonotaROでは、お客様の利便性の更なる向上を目指し、日々Webサイトの充実を図ると共に、商品カタログを定期的に発刊しております。
 今回は新たに、これまで1冊であった『工具・生産加工用品編』を『作業工具/電動・空圧工具編』と『切削・研磨/生産加工用品編』の2冊に分冊化いたしました。
『作業工具/電動・空圧工具編』では、これまで『工具・生産加工用品編』や『工事用品編』に掲載していた作業工具、土木・建築工具、電動・空圧工具等のあらゆる現場で使用される工具を抜粋・集約することで、お客様の商品検索の際の利便性を追及いたしました。また、新ジャンルのカタログ発刊に先がけ、当社のWebサイト内に作業工具/電動・空圧工具の専用モール(http://www.monotaro.com/handtool/)を開設し、商品の検索性と購買の利便性の向上を図っています。
『切削・研磨/生産加工用品編』では、今年5月に発売を開始したMonotaROブランドのコンクリートドリルをはじめとする切削工具を新たに6万点強採用した他、スプレー・オイル・グリス、研磨材、溶接用品等、現場のユーザーからニーズが高く、また低価格で質の高い消耗品を積極的に拡充しました。
 8分冊合わせて昨年度を約3,000点上回る56,000点以上の商品を新規掲載し、約9,000点の既存商品の値下げも実施するなど、様々なユーザーに幅広い商品群の中からコスト削減につながる商品選択をしていただけるカタログとなっております。
 また今回のカタログ発刊に伴い、取扱いアイテム数を従来の150万点から200万点に拡充し、さらに当日出荷可能な商品を約80,000点から約2万点増の105,000点に、翌日出荷可能な商品についても約98,000点に拡充するなど、ユーザーのさらなる利便性の拡大・強化を図っています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング