ぐんまちゃん2nd写真集! 東京・銀座のぐんまちゃん家で大好評を博した“水着ぐんまちゃん”のスペシャルショットを収録。水着ぐんまちゃんが見られるのは、この本だけ! 大判サイズ&特製シール付き!

PR TIMES / 2013年9月12日 18時2分

中経出版

株式会社中経出版(東京都千代田区)は、2013年9月21日にぐんまちゃん2nd写真集『ぐんまちゃんの休日 -群馬のいいとこ、まためっけた-』を刊行します。




ぐんまちゃんの夏休み。群馬のいいとこ、まためっけた!


待望の2nd写真集!

今作は、ぐんまちゃんの夏休みに密着しました。

キャンプ、虫取り、川遊び、尾瀬ハイキングに、サファリパークetc……

行ってきたのは、もちろん、ぜーんぶ群馬の“いいとこ”です!

ぐんまちゃんが夏の想い出を「写真日記」で綴ります。


桐生市では、キノピーと桐生さんぽを。

四万温泉では、『千と千尋の神隠し』のモデルになった積善館へ。

嬬恋村では、キャベツ畑や鬼押出し園にも行ってきました。


そして、必見は、本書のためにつくった特別衣裳の「シマシマ水着」!


東京・銀座のぐんまちゃん家で先行公開され、大好評を博した、

あの「水着ぐんまちゃん」が、

大見開きのスペシャルな一枚で収録されています!

どんな写真になっているかは、本を見て確認してね~。

「水着ぐんまちゃん」が見られるのは、この本だけです。


さらに、今回は、1st写真集と同じ定価で、大判にサイズアップ!

しかも、特製シール(ぐんまちゃんの35市町村ご当地シール)付きです。


群馬のおともだちとのふれあいもあった、ほっこり旅行。

読むと、もっとぐんまちゃんが好きになる。

そして、また群馬に遊びに行きたくなる。

ぐんまちゃんと群馬の魅力がググっと詰まった一冊。

ぐんま大使・中山秀征さんも推薦です。


本書の構成


■群馬サファリパークでライオンに餌付け!


■ロックハート城でひとりウエディング!? 

■桐生市でキノピーとお散歩 

■四万温泉で昭和レトロを大満喫  

■嬬恋村鹿沢高原ではじめてのキャンプ  

■鬼押出し園、溶岩の芸術にドキドキ

ほか、多数収録


ぐんまちゃんの紹介


ぐんまちゃん

2月22日生まれ。永遠の7歳。1994年に開催された、第3回全国知的障害者スポーツ大会「ゆうあいピック群馬大会」のマスコット「ゆうまちゃん」として誕生。その後、2008年7月、「ぐんま総合情報センター」(東京・銀座/ぐんまちゃん家)のオープンにあわせて、「ぐんまちゃん」と改称。2012年12月21日から群馬県宣伝部長に就任し、県のPR活動に励んでいる。2012年の「ゆるキャラ(R)グランプリ」では3位入賞を果たした。1st写真集『ぐんまちゃんとお散歩』(中経出版)がある。


【商品情報】


写真:河野英喜

協力:群馬県

定 価:1000円+税

ページ数:96(オールカラー)

判 型:B5判変形(オールカラー・特製シール付き)

初版発行:2013/9

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング