秋を感じる濃厚でリッチな味わいの期間限定新商品 フルーツとナッツを使用した6種類のバターサンド ドーナツが登場!

PR TIMES / 2020年9月10日 13時15分

~9月16日(水)より販売開始~

株式会社ストライプインターナショナルのグローバル戦略ブランド「koe(コエ)」が展開する、ドーナツファクトリー「koe donuts kyoto(コエ ドーナツ京都)」では、9月16日(水)より新商品「バターサンド ドーナツ」を期間限定で販売いたします。




[画像1: https://prtimes.jp/i/36659/259/resize/d36659-259-274477-0.jpg ]

koe donuts kyotoは、「オーガニック」「天然由来」「地産地消」をキーワードとし、身体にも環境にも配慮した素材を使用したエシカルなドーナツを提供しています。また、ドーナツが出来上がるまでの工程を見ながら、ナイフとフォークでゆっくり味わえる、新しいスタイルのドーナツファクトリーです。

新商品「バターサンド ドーナツ」は、涼しくなる秋にぴったりなスイーツとして、濃厚でリッチな味わいに仕上げました。フルーツとナッツを贅沢に使用したバタークリームを、たっぷり挟んだドーナツです。生地には、バタークリームと相性抜群のクルーラー生地を採用。外はカリッ、中はしっとりの食感をお楽しみいただけます。

フレーバーはプラリネ、レモン、マロン、アールグレイ、クランベリー、ピスタチオなどを使用した全6種。ドーナツに合わせて店舗で手作りしているジャムや紅茶ビネガーを使用したドーナツもあり、koe donuts kyotoでしか味わえないフレーバーとなっております。

この秋はkoe donuts kyotoのドーナツをテイクアウトし、公園へお出かけしてみてはいかがでしょうか。

■バターサンド ドーナツ 販売概要
販売期間:9月16日(水)~10月22日(木)
販売時間:10:00~20:00 (なくなり次第終了)
※現在、新型コロナウイルス感染拡大防止策として営業時間を短縮しております。
メニュー:プラリネ、レモン、マロン、アールグレイ、クランベリー、ピスタチオなどを使用したバターサンドドーナツ全6種

■商品詳細 ※価格は全て380円(税抜) テイクアウト可
      ※6個セット 2160円(税抜) (単品より120円お得)
[画像2: https://prtimes.jp/i/36659/259/resize/d36659-259-828813-2.jpg ]

マロン & バタースコッチ クルーラー (左)
ほんのり塩を効かせたキャラメルバタースコッチ風味のバタークリームと国産黄栗が優しい味わいです。

アールグレイ & ブルーベリー クルーラー (中)
有機アールグレイを使用した華やかなバタークリームと、自家製紅茶ビネガーに漬け込んだ有機ブルーベリーが贅沢です。

ピスタチオ チョコ クルーラー (右)
有機ココアを練り込んだ、限定のチョコ生地クルーラー。ビターチョコレートが濃厚なバタークリームとピスタチオをたっぷりのせました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/36659/259/resize/d36659-259-401988-3.jpg ]

クランベリー チョコ クルーラー (左)
有機ココアを練り込んだ、限定のチョコ生地クルーラー。有機クランベリーで作った自家製ジャムのバタークリームと、はちみつレモン漬けのクランベリーを使用しました。

レモン & ピスタチオ クルーラー (中)
レモンが爽やかなバタークリームに有機レモンピール、有機レモンジュースのスッキリとした酸味でレモンを丸ごとお楽しみいただけます。

プラリネ & ラムレーズン クルーラー (右)
自家製プラリネの香ばしいバタークリームと、通常より長期間、樽で貯蔵したラムで漬け込んだ深い香りの有機ラムレーズンがポイントです。※アルコールを使用しているため、妊娠中の方やお子様はお避け下さい。

■ドーナツファクトリー「koe donuts kyoto」概要
所在地  :京都府京都市中京区新京極四条上ル中之町557番地 京都松竹阪井座ビル1F
営業時間:8:00~20:00
席数    :65席+スタンディング
HP     : http://donuts.koe.com
Instagram:@koe_donuts ( http://www.instagram.com/koe_donuts/)

※新型コロナウイルス感染防止策
従業員の手洗いの徹底、手指の消毒設備の設置、就業前の検温、マスク等の着用、室内の換気、座席数の調整、対面席へのアクリル板設置、来店客で混雑した際のソーシャルディスタンス確保の声掛けを徹底します。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング