災害時のオフィス待機に備え、いざという時にすぐ動ける簡易寝袋 「着る布団&エアーマット」発売

PR TIMES / 2014年8月26日 11時18分



 株式会社キングジム(本社:東京都千代田区)は、災害時にオフィス待機となった際の滞在・就寝をサポートする、人型の簡易寝袋「着る布団&エアーマット」を2014年9月26日(金)より発売いたします。初年度販売目標数は1万個です。
 東日本大震災以降、災害時の帰宅困難者対策について意識が高まりつつあります。東京都では平成25年に「東京都帰宅困難者対策条例」が施行されるなど、災害時に交通の混乱を回避するため、帰宅を促さず、数日間オフィスに留まる対策をとる傾向があります。
 しかし、災害時にオフィスや避難所で待機する際には、床が硬く冷たいためによく眠れないといった問題点がありました。
 今回発売する「着る布団&エアーマット」は、災害時にオフィスで待機しなければならない際に、簡単に脱ぎ着がしやすく、着たままでも身動きがとれる人型の寝袋と、床の硬さや冷たさが伝わりにくいエアーマットがセットになった災害時環境改善グッズです。
 「着る布団」は一般的な寝袋とは異なり、人型形状のため、いざという時にすぐ動けて、待機時の様々なシチュエーションに柔軟に適応可能です。首まわりやズボン丈のサイズ調節が可能なフリーサイズで、ズボン幅が太く、靴を履いたまま着ることができます。
 また、「エアーマット」は空気の層により就寝時にも床の硬さや冷たさが伝わりにくく、暖房が効かない室内環境でも、床からの冷えを軽減します。
 A4 ファイルサイズのボックスに収納されているので、書庫や引き出しなどオフィスで効率的に保管できます。
 キングジムでは、会社待機用の「着る布団&エアーマット」を災害対策用品として、より幅広いユーザーにご利用いただけるよう拡販に努めてまいります。

■ 製品概要
製品名    :着る布団&エアーマット
品番     :BFT-001
価格     :¥4,500 +消費税
発売日    :2014年9月26日(金)


■「着る布団&エアーマット」製品特長
●着る布団
・フリーサイズ(男女兼用)。
・靴を履いたまま着ることができ、着たまま歩ける。
・ゆったりサイズと前面ファスナーで、すぐに着られてすぐ脱げる。
・首まわり/ズボン丈のサイズも調節可能。


●エアーマット
・約5cmの厚さの空気の層により、床の硬さや冷たさが伝わりにくい。
・頭部分を丸めれば枕としても使用可能。
・付属のエアーポンプで簡単に膨らませることができる。


●管理しやすいパッケージ

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング