1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

JBLとアンダーアーマーのコラボレーションモデルが進化! オーバーイヤーヘッドホン「UA PROJECT ROCK OVER-EAR」発売

PR TIMES / 2021年8月27日 9時45分

シリーズ初のノイズキャンセリング機能と長時間再生の実現でトレーニングの質を向上

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:トム・メッツガー)は、今年創立75周年を迎えるアメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランドであり、日本においてワイヤレススピーカー3年連続販売台数No.1に輝く※1「JBL」ブランドと、アメリカ ボルティモアを本拠とするパフォーマンスアスレチックブランド「UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)」がコラボレーションした人気シリーズより、最新モデルであるオーバーイヤートレーニングヘッドホン「UA PROJECT ROCK OE(ユーエー プロジェクトロックオーバーイヤー)」を2021年8月20日(金)よりJBLオンラインストア、JBL公式楽天市場店、アンダーアーマーオンラインストア及び直営店にて限定発売いたしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/12767/261/resize/d12767-261-91cd5fbd53ed897cbe14-0.png ]

JBLとアンダーアーマーのコラボレーションシリーズは、音楽に関わるあらゆるシーンで愛用され、多くのプロフェッショナルから信頼されてきたオーディオブランド「JBL」と、「アスリートを進化させる」ことをミッションに掲げる「アンダーアーマー」とのパートナーシップによって実現しました。健康とフィットネスに適したサウンドテクノロジーを提供することをモットーに、音の世界を通して、トレーニングにおける新しい価値を提案し続けています。

今回登場した「UA PROJECT ROCK OE」は、“THE ROCK”(ドウェイン・ジョンソン)自らがジムでテストをして認めた限定シリーズ「UA SPORT WIRELESS」Project Rockシリーズより、2020年2月に発売されたオンイヤーヘッドホン「UA TRAIN THE ROCK(ユーエー トレイン ザ ロック)」の後継モデルです。本体は、前モデルがオンイヤータイプだったのに対して、耳全体を覆うオーバーイヤータイプに進化。激しい動きにも耐えるフィット感を向上させたことで、シリーズ初搭載となるノイズキャンセリング機能の効果も最大限に発揮します。その他にも、耐久性に優れた前モデルの使い勝手の高さは継承しつつ、長時間再生を実現したことで、静寂の中、より深く長くワークアウトだけに集中できる仕様にアップデートしました。

音楽再生時でも周囲の音を聴きやすくし、ランニングや屋外トレーニングの安全確保に役立つ「アンビエントアウェア機能」や、トレーニング中のちょっとした会話などにも対応できる「トークスルー機能」に加え、シリーズ初となるハイブリッド式ノイズキャンセリング機能を搭載しています。また、ワイヤレス再生時間を前モデルの約2.8倍となる最大約45時間※2に拡大し、約5分の充電で約2時間分の再生時間を確保できる急速充電機能を追加。周囲の音をシャットアウトした静寂の中で、JBLの低音豊かな迫力あるサウンドが、長時間にわたるワークアウト時のモチベーションの向上を後押しします。さらに本モデルから、各種設定が可能な専用アプリに対応しているため、自分のスタイルに合った、お好みの音をお楽しみいただけます。

本体は、防汗機能(IPX4)※3に対応。丈夫な素材とフィニッシングで、トレーニングにも気兼ねなく使えるキズや汗に強い素材を使用し、高い耐久性を誇ります。そして、激しい動きでもズレ落ちにくい設計と素材を採用しているため、耳と頭にしっかりとフィットします。イヤーパッドには軽量・速乾・柔らかいフィット感を備え、アンダーアーマーのアパレル製品にも使われている高い通気性のメッシュ素材を採用しているため、長時間の使用でも快適な装着感を実現しました。また、パッドは取り外しができるため、ワークアウト後には水洗いすることもできるなど、スポーツシーンに便利な設計となっています。さらに、本体の操作ボタンを通常より大きめに設計し配置することで、手探りでもボタンを見つけやすいように操作性も高めました。

本シリーズの監修を行った“THE ROCK”(ドウェイン・ジョンソン)は、自身のSNSで本製品を “ワークアウトに特化した世界初のオーバーイヤーヘッドホン”と称し、新モデルの「最高水準のクオリティーは、ワークアウトに革新をあたえる。」とコメントしています。
●“THE ROCK” Instagram投稿: https://www.instagram.com/p/CSevJl4lYNy/?utm_source=ig_web_copy_link

スポーツシーンに最適な機能と快適な装着感を実現したJBLとアンダーアーマーの最新モデル「UA PROJECT ROCK OE」で、よりワークアウトに“FOCUS”しながら、上質なサウンドをお楽しみください。
[画像2: https://prtimes.jp/i/12767/261/resize/d12767-261-4d8eb3bc4d723d2fb144-3.jpg ]

【特長】
■ワークアウトシーンに最適なスペックを搭載した、最新オーバーイヤーヘッドホン

[画像3: https://prtimes.jp/i/12767/261/resize/d12767-261-cba92ec9d0fef16ea8b7-4.png ]

最新作の「UA PROJECT ROCK OE」は、同シリーズの「UA TRAIN THE ROCK」の後継モデルです。前モデルがオンイヤータイプだったのに対して、耳全体を覆うオーバーイヤータイプに進化し、激しい動きにも耐えるフィット感を向上させたことで、本モデルから新たに搭載したノイズキャンセリング機能の効果を最大限に発揮します。また、長時間再生の実現や専用アプリへの対応など機能面での利便性を高め、ワークアウトに集中できる環境を整えたことで、更なるパフォーマンスの向上に貢献します。耐久性に優れた頑丈な本体には、動きながらでも手探りで見つけやすいように、各種操作ボタンを通常より大きめに設計するなど、各設定の負担を軽減する、
ワークアウト時には最適のモデルです。

■シリーズ初のハイブリッド型ノイズキャンセリング機能を搭載

[画像4: https://prtimes.jp/i/12767/261/resize/d12767-261-e48dafd24704026199d2-5.jpg ]

本モデルには、Project Rockシリーズでは初となるハイブリッド方式のノイズキャンセリング機能を採用しています。JBLの上位モデルに搭載されている本機能は、騒音集音用マイクをハウジング本体外側に配置したフィードフォワードマイクと、イヤーカップ内側のフィードバックマイクにより優れたノイズキャンセリングと圧倒的な没入感を実現しました。また、音を再生している間でも必要なときに瞬時に周囲の環境音を取り込むことができるアンビエントアウェア機能と、本体を取り外すことなくスムーズな会話することができるトークスルー機能も搭載。外部からのノイズを打ち消しつつ、周囲の障害によるノイズレベルを自動で認識して、最適化した音を提供し、必要な時に外音を取り込むことが可能です。音楽を楽しみたいときだけではなく、外部の音を遮断してトレーニングに集中したいとき、指示の声を聞きたいときにも圧倒的なパフォーマンスを発揮します。

■最大約45時間※2の長時間ワイヤレス再生を実現
前モデルが最大約16時間再生であったのに対して、本モデルでは約2時間の充電で最大約45時間※2のワイヤレス再生を実現。そのため、長時間のトレーニングや連日の使用でもバッテリー切れを気にすることなくお使いいただけます。また、時間がないときにも便利な急速充電機能に対応しているため、約5分の充電で、最大約2時間の音楽再生が可能です。

■快適さに優れたウォッシャブルイヤーパッドを採用
オーバーイヤータイプの本モデルのイヤーパッドには、アンダーアーマーのアパレルでも使用している、軽量性、耐久性、速乾性に優れた高い通気性の“SuperVent”素材を使用し、ワークアウト後には取り外して水洗いも可能です。不快な汗や汚れを心配することなく、清潔な状態でトレーニングに集中することができます。また、イヤーパッドだけでなく、インナーヘッドバンドにも激しい運動をしても滑らない、そして柔らかい肌触りのスーパーグリップ素材を採用することで、着用時の耐久性や快適さにもこだわりました。

■ワークアウトシーンに適した防汗対応(IPX4)※3
防汗機能(IPX4※3)に対応しているため、激しいワークアウト中に汗をかいても安心してお使いいただけます。


■専用アプリ「JBL Headphones」対応

[画像5: https://prtimes.jp/i/12767/261/resize/d12767-261-bf7ed3ff7ae22e06f308-6.jpg ]

Project Rockシリーズでは初対応となる「JBL Headphones」アプリで、ノイズキャンセリング機能の詳細な設定のほか、イコライザーの作成、Google Assistant※4またはAmazon Alexa※5のデフォルト設定など、さまざまなカスタマイズが可能です。

<Project Rock EQ>
アプリでは、お好みの音楽に合わせて様々なイコライザーの作成、設定が可能です。本モデルとの接続では、”THE ROCK”本人をイメージした、豊かな低音のプリセットイコライザーをアプリに用意。ハードなワークアウトでも、部屋で音楽を楽しむ時も、”THE ROCK”の強さ、タフさをイメージした迫力のあるサウンドを堪能いただけます。


■持ち運びに便利な折りたたみデザイン


[画像6: https://prtimes.jp/i/12767/261/resize/d12767-261-f8fbfb12229bf4317abb-7.jpg ]

本体は約294gの軽量設計で、さらにイヤーカップ部分は内側に折りたためる仕様になっており、付属のキャリングケースにコンパクトに収納できます。ケースはカラビナ付きの頑丈な素材のため、本体を使用しない休憩時や外出時の持ち運びにも便利です。


■「Map My Fitness」の1年間プレミアムメンバーシップ無料クーポン付き

[画像7: https://prtimes.jp/i/12767/261/resize/d12767-261-49230b0add9f237460a1-8.png ]

アンダーアーマー社が提供するランニングアプリ「Map My Fitness」のプレミアムメンバーシップを1年間無料で利用できる特典クーポンを同梱。「Map My Fitness」は、ジムでのワークアウトの記録を残すのはもちろん、自分だけのワークアウトプランの作成やランニングのトラッキングなど、トレーニングやワークアウトがはじめてという方から熟練した方まで、目標達成に向けてモチベーションを保つために必要な機能が揃っています。

【主な仕様】
製品名:UA PROJECT ROCK OVER-EAR(ユーエー プロジェクト ロック オーバーイヤー)
タイプ:ハイブリッドノイズキャンセリングワイヤレスオーバーイヤーヘッドホン
カラー:ブラック
Bluetooth:バージョン5.0
対応プロファイル:HFP V1.7、A2DP V1.3、AVRCP V1.6
対応コーデック:SBC, AAC
ユニット:40mm径ダイナミックドライバー
周波数特性:20Hz - 20kHz
音圧レベル:102dB SPL@1kHz/1mW
インピーダンス:32Ω
重量:約294g
防水機能:IPX4※3
充電時間※2:充電: 約2時間 (約5分の充電で約2時間使用可能)
          <ANC オフ時>
電池(イヤホン): 充電: 約 2 時間、音楽再生: 最大約 45 時間
          <ANC オン時>
電池(イヤホン): 充電: 約 2 時間、音楽再生: 最大約 35 時間
付属品:USB Type-C 充電ケーブル、オーディオケーブル、キャリングケース、Brahma Bullステッカー、
    「Map My Fitness」プレミアムメンバーシップ1年間無料クーポン
発売日:2021年8月20日(金)
価格:オープン価格 ※JBLオンラインストア販売価格32,800円(税込)
   
※価格、仕様は変更となる場合がございます。
※1全国の家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどから収集した実売データ「BCNランキング」にもとづき、1年間の累計販売数量が最も多かった企業を部門ごとに表彰する「BCN AWARD 2021」にて、ワイヤレススピーカー部門の第1位を3年連続で獲得しました。
※2充電・再生時間は、ボリュームレベルや再生内容により異なります。
※3防水性能 IPX4 は、あらゆる方向からの水の飛まつを受けても有害な影響を受けないと定義されています。
※4 Google Assistant、Google Fast Pair は、Google Inc.の商標です。
※5 Amazon、Alexa および関連するロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

<JBL × アンダーアーマー>
JBLとアンダーアーマーのパートナーシップは、互いの強みを生かし、トレーニングにおける新しい価値を提案するために結ばれました。長年の技術開発により培われたJBLサウンドと、アンダーアーマーのスポーツパフォーマンス基準を組み合わせることで、健康とフィットネスに適したサウンドテクノロジーと楽しみを皆様にご提供します。
JBLのサウンドテクノロジーに関する専門知識とアンダーアーマー独自のスポーツ用品素材及びスポーツ科学を組み合わせることで、他に例を見ない独自の製品を開発しているとともに、開発された各製品は、その形状、機能、デザインいずれの点においても、アンダーアーマーが求める高性能スポーツ用品としての定義をクリアしています。
またすべてのUA製品はボルティモアにあるUA本社パフォーマンスセンターで厳しいアスリートテストを受けており、パフォーマンス、エルゴノミクス、耐久性に関するアスリートのフィードバックが収集され、最終的に反映されます。さらにポートランドのアンダーアーマーのパフォーマンスイノベーションセンターには、最新の材料科学技術を生み出す設計、開発、イノベーションチームが集まり、よりよい製品の提供に向け研究を重ねています。

<JBLについて>
美しい外観とプロ・サウンドを両立した家庭用スピーカーの開発を目指して設立。以来、世界中のあらゆる音楽が関わるシーンで、プロアマ問わず信頼され、愛用され続けている、世界最大級のオーディオメーカーです。
家庭用超高級スピーカーからイヤホン、ヘッドホン、ホームシアターを展開。また、トヨタを始めとする車載純正オーディオ、マルチメディア用などの民生機器から、世界中の映画館、スタジアム、コンサートホール、そして放送局やレコーディングスタジオなどが対象となる業務用機器を投入しています。JBLは世界中の競技場で音響システムとして採用されており、様々な世界的なスポーツイベントでも採用されています。

<ハーマンインターナショナル(米国本社/Harman International Industries, Incorporated)について>
ハーマンインターナショナルは、プレミアム・オーディオ、ビジュアル、コネクテッド・カーと、それらを統合したソリューションを、自動車、消費者、プロフェッショナルの市場に向けて、設計・製造・販売しています。弊社のAKG(R)、Harman Kardon(R)、Infinity(R)、JBL(R)、 Lexicon(R)、Mark Levinson(R)、Revel(R)を含む主要ブランドは、オーディオ愛好家やアーティスト、イベント/コンサート会場などで多く利用され、称賛を受けています。また今日では、弊社のオーディオやインフォテイメント・システムが装備された自動車が世界で5,000万台以上走っており、弊社のソフトウェアサービスは、オフィスや家庭、車やモバイルなどあらゆるプラットフォームにおいて、何十億台ものモバイル端末やシステムが安全な接続や統合を行えるよう、支えています。ハーマンインターナショナルは全世界に約30,000名の社員が在籍し、2017年3月にて韓国サムスン電子の子会社となりました。

<アンダーアーマーについて>
「アスリートを進化させる」ことをミッションに掲げる“パフォーマンスアスレチックブランド“。トレーニング時に身体にフィット(密着)するアスリートのためのウェアの発祥ブランドであり、汗を素早く吸収、発散。身体を常にドライで快適に保つウェアなど、アスリートのパフォーマンスを最大限に引き出す商品開発に取り組んでいます。

お客様のお問い合わせ先
ハーマンインターナショナル株式会社
Tel: 0570-550-465
http://www.harman-japan.co.jp/

オンラインストア
・ブランド公式サイト: https://jp.jbl.com/
・楽天市場: https://www.rakuten.ne.jp/gold/jblstore/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング