1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【土屋鞄】革製バッグのリユース品の販売開始

PR TIMES / 2021年11月12日 11時45分

使用済みの自社バッグを無料で引き取り職人が修理、価格は定価の半額~。中目黒の店舗で約150製品を展開、経年変化で革の風合い異なる“一点物”

革製品の鞄や小物を製造販売する老舗、(株)土屋鞄製造所(東京都足立区、以下当社)は、古くなった当社革製バッグを綺麗に修理し、リユース品として店頭販売します。価格は定価から最大で半額程度に抑えます。東京・中目黒のランドセル専門店内に専用コーナーを設け、2021年11月19日(金)から12月19日(日)までの期間限定のポップアップストアとして展開します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/7557/262/resize/d7557-262-9c231e57be33f1d09dd3-6.jpg ]

今回、家庭で使わなくなった当社の革製バッグを無料で引き取り、職人が修理した製品を、約150点販売します。バッグは全て、東京・西新井の工房で、専門の職人が丁寧に修理、メンテナンスしています。製品の状態に応じて、クリーニングや保革、補色といった革のメンテナンスのほか、内装の張り替えや破損パーツ(ファスナー等)の交換、糸のほつれ直し、除菌加工を行い、綺麗な状態にします。
[画像2: https://prtimes.jp/i/7557/262/resize/d7557-262-b3cda29a5375bd6c235b-5.jpg ]

リセールするアイテムは、トートバッグやショルダーバッグ、ボストンバッグなど豊富な品揃えです。全て、経年変化で革の風合いなどが異なる“一点物”です。中には、限定生産品や廃盤品といった希少なものも販売します。「土屋鞄」の歴史を感じていただけるようなラインアップです。

価格は、定価の5割から7.5割程度(税込12,300円~135,800円)に抑えます。
販売後は、新品と同様に修理サービスに対応します。アフターサービスも万全の体制を整えます。
販売期間は1カ月間を予定していますが、約150点の製品がなくなり次第終了します。


目標を上回る550点の製品を引き取り、来年3月目途にリユース事業本格稼働


[画像3: https://prtimes.jp/i/7557/262/resize/d7557-262-3964b0b168b53f731a83-3.jpg ]

製品の引き取りは、国内17店舗と配送(当社着払い)で2021年10月1日(金)から1カ月間実施。期間内で、目標の100点を大きく上回る、550点もの製品が集まりました。

今回は引き取り・販売ともに、期間限定で実施しますが、修理体制等を整えながら、来年(2022年)3月を目途に、引き取り・販売を通年のサービスに切り替え、リユース事業を本格稼働します。


サステナブルな新事業で5年後には年間売り上げ5億円を目指す


[画像4: https://prtimes.jp/i/7557/262/resize/d7557-262-6a3d55f888864d505e73-7.jpg ]

アパレル業界では今、国連のSDGs(持続可能な開発目標)への関心が急速に高まっています。当社も環境に配慮し、リユースとリメイク、リペアを柱とするサステナブルなプロジェクトを2021年10月に新たに立ち上げました。今回のリユース事業はその第一弾の取り組みです。

今後はリユース対象製品の幅を、財布やキーケースなどバッグ以外にも広げるほか、引き取った製品を職人が新たな鞄や小物、雑貨などにリメイクして販売する“アップサイクルビジネス”と、店頭でのリペアサービスを検討しています。製品をより長く使い続けていただける環境を整えます。

修理やリメイク専門の職人も採用・育成しながら、リユース・リメイク・リペアを柱とするサステナブルな新プロジェクトに関わる事業の売上高を5年後の2026年までに5億円にする目標です。

フリマアプリでの出品・購入と差別化、丁寧に修理し、より長く使えるように

使わなくなった製品を職人の手で丁寧に修理することで、良い状態を保ち、より長く使えるようにして次の方にバトンタッチできるのが今回の当社のリユースサービスの良い点です。お客様は確実にメンテナンスの行き届いたリユース品を手に入れていただけます。フリマアプリやリサイクルショップなどでの出品、購入とは異なるポイントです。
“消費者の責任を果たす”という社会を目指す方が増えるなか、エシカルな行動につながるサービスとして提供します。
製品引き取りにご協力いただいたお客様からは、「長く使っていたが、生活スタイルが変わってしまったので、新たな方に使ってもらえると嬉しい」といったお声をいただいています
[画像5: https://prtimes.jp/i/7557/262/resize/d7557-262-e50386cd2195695c0e8e-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/7557/262/resize/d7557-262-1aab7598a1341b82ec53-0.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/7557/262/resize/d7557-262-c4d6a843b88110cc3822-8.jpg ]



[画像8: https://prtimes.jp/i/7557/262/resize/d7557-262-19ded75a4a99e0105fe0-9.jpg ]




販売概要


■イベント名:Reuse items POP UP STORE(リユースアイテムズ ポップアップストア) 童具店・中目黒
■期間:2021年11月19日(金)~12月19日(日)
■住所:153-0042 東京都目黒区青葉台3-19-8 「土屋鞄製造所 童具店・中目黒」内
■アクセス:東急東横線・東京メトロ日比谷線 「中目黒駅」正面出口より徒歩12分。東急田園都市線 「池尻大橋駅」東口より徒歩9分
■営業時間:11:00~18:00 定休日|火曜日
■URL: https://tsuchiya-kaban.jp/pages/re-use
※11/19(金)午前10:00頃、本イベント(ポップアップストア)についての情報をアップ予定
■一般問合:03-3463-8871 (土屋鞄製造所 童具店・中目黒)
備考:販売は1カ月間を予定していますが、製品がなくなり次第終了します
[画像9: https://prtimes.jp/i/7557/262/resize/d7557-262-f6d63540dbb5002c8f9f-10.jpg ]

[画像10: https://prtimes.jp/i/7557/262/resize/d7557-262-e0c3644a22c091de746d-11.jpg ]

[画像11: https://prtimes.jp/i/7557/262/resize/d7557-262-959679d7ae590419fd9b-12.jpg ]

[画像12: https://prtimes.jp/i/7557/262/resize/d7557-262-15a3284ac8c0ea7aefd8-13.jpg ]




「時を超えて愛される価値をつくる」のミッションで展開、土屋鞄のサステナブルな取り組みについて


当社は、ランドセルと鞄や小物などの革製品を製造販売する老舗鞄メーカーです。「時を超えて愛される価値をつくる」をミッションに掲げ、1965年の創業以来、製品の企画から販売まで一貫して行い、日本の感性と職人の丁寧な手仕事を大切に、お客さまの暮らしに寄り添うものづくりに取り組んでいます。

この思いのもと、革製品を丁寧にお手入れし、人や世代を超え、より長く使い続けていただくための、リユース・リメイク・リペアの3本を柱としたサステナブルなプロジェクトを新たにスタートしています。
これまでのサステナビリティーに関する主な取り組みは以下の通りです。

―革製品、長く使って!無料のお手入れサービス開始
当社は、ブラッシングやオイルケアなどの手入れを店頭で行う無料サービスを、昨年(2020年)12月から、大人向け鞄を取り扱う国内14店の「土屋鞄製造所」で実施しています。サービス対象は、大人向け鞄取り扱い店舗の皮革製品全てです。自社の革製品をこれまで以上に長くご愛用いただくための取り組みです。
革に精通した店舗スタッフが、革の乾燥状態やキズの具合を見極め、馬毛のブラシなど専用の道具を使い、ブラッシングやオイルケアなどの手入れをします。

―6年間の思い出を形に…ランドセルのリメイクサービス
土屋鞄製造所では、自社製のランドセルを加工し、他の製品にリメイクするサービスも展開しています。高さ約15.5cmのミニチュアランドセルのほか、フォトフレーム、パスケース、ペンケース・キーチャームセット、タペストリーに作り替えられます。
新型コロナウイルスの影響で、卒業式などの行事が縮小する中、小物にリメイクして思い出として残したいという方から好評です。



土屋鞄製造所について


会社概要
・会社名:株式会社 土屋鞄製造所
・代表取締役社長:土屋成範
・所在地(本社):〒123‐0841 東京都足立区西新井7‐15‐5
・事業内容:オリジナルブランドでの皮革製品を中心としたランドセル、鞄・小物の企画・製作、及び販売。
【URL】 https://tsuchiya-kaban.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください