独自のAg+除菌システムを搭載 部屋干しの悩みにアプローチする「ドラム式洗濯機」を発売

PR TIMES / 2019年9月25日 14時40分

 アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)は、部屋干しの悩みを解決する「Ag+除菌システム」を搭載した「ドラム式洗濯機」を2019年10月10日より発売し、ドラム式洗濯機事業に本格参入します。全国の家電量販店、ホームセンターなどを中心に発売し、初年度5万台の販売を目指します。




[画像1: https://prtimes.jp/i/19955/263/resize/d19955-263-698805-4.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/19955/263/resize/d19955-263-335277-9.jpg ]


 当社は昨年12月より、大型白物家電の第2弾として日本人の生活スタイルに合わせた洗浄コースを搭載したドラム式洗濯機のテスト販売を開始しました。共働きや単身世帯の生活環境に最適な機能を「値ごろ価格」で実現した点が評価され、配送においても全国に広がる物流網を活かすことができました。中期経営計画である「2022年グループ売上高一兆円」の達成に向けた主力製品として、「ドラム式洗濯機」を新たに発売し市場に本格参入することで、大型白物家電事業のさらなる拡大を目指します。

 今回発売する「ドラム式洗濯機」は、花粉や黄砂の飛散等の環境要因や世帯構成の変化により増加している『室内干し』に対する不満を解決する機能を搭載しています。「Ag+除菌システム」は、抗菌効果のあるAg+(銀イオン)を含んだ洗濯水・すすぎ水で衣類を洗うことで雑菌の繁殖を抑制し、部屋干し時のニオイの発生を防ぎます。洗剤投入ケース部分に設置した銀イオンカートリッジに水道水を通過させることで銀イオンが溶け出し、衣類を99%以上除菌(※1)できます。また、銀イオンカートリッジの交換時期は本体の操作パネルで通知されるので(※2)、銀イオンの効果を維持して使い続けることができます。さらに、温水との併用により洗浄効果を最大限に引き出し、部屋干し時に気になる生乾き臭やニオイの発生を防ぎます(※3)。

 「部屋干しコース」は、衣類に適した温度の温水で最終のすすぎを行うことで、生地がほぐれて表面積が広がり、乾燥時間が通常の約2/3に短縮(※4)するとともに、乾燥時の仕上がり感が向上します。そのほか、ニオイの原因菌や皮脂汚れを洗い流す(※3)「温水コース」など、衣類の種類や目的に合わせて選択できる合計14の運転コースを搭載しているので、幅広いお客様のニーズに対応しています。

 当社は「総合家電メーカー」として国内家電市場の変化を的確にとらえ、多様な生活者の快適生活を実現すべく、なるほど家電(R)の開発コンセプトに基づいた商品開発を推進していきます。


■「Ag+除菌システム」
・Ag+(銀イオン)の効果で99%以上除菌
 抗菌効果のあるAg+(銀イオン)を含ませた洗濯水・すすぎ水で衣類を洗うことで雑菌の繁殖を抑制し、部屋干し時のニオイの発生を防ぎます。洗剤投入ケース部分に設置した銀イオンカートリッジに水道水を通過させることで銀イオンの成分が溶け出し、衣類を99%以上除菌(※1)します。銀イオンカートリッジは交換時期になると本体の操作パネルで知らせるので(※2)、銀イオンの効果を維持して使い続けることができます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/19955/263/resize/d19955-263-540838-11.png ]



[画像4: https://prtimes.jp/i/19955/263/resize/d19955-263-736659-3.png ]

・温水との併用で生乾き臭を防ぐ
 温水を使用した洗浄(部屋干しコース・温水コース)との併用により、洗浄効果を最大限に引き出し、部屋干し時に気になる生乾き臭やニオイの発生を防ぎます(※3)。

■商品特長
1.乾燥時間を通常の約2/3に短縮(※4)する「部屋干しコース」
 洗濯工程のうち、最終すすぎを温水で行うことで生地がほぐれて表面積が広がり乾燥しやすくなり、常温でのすすぎ時と比較して洗濯後の乾燥時間を約3 分の2 に短縮(※4)します。最終すすぎ時の温度は衣類に合わせて約40℃もしくは約50℃から選択できます。また、温水ですすぐことにより繊維が軟らかくなりシワがつきにくく、洗濯機から取り出す際にも洗濯物がほぐれて取り出しやすくなります。

[画像5: https://prtimes.jp/i/19955/263/resize/d19955-263-411764-2.png ]



[画像6: https://prtimes.jp/i/19955/263/resize/d19955-263-807947-13.jpg ]

2.ニオイの原因菌や皮脂汚れを除去する「温水コース」
 温水ヒーター搭載で、約60℃と約40℃での温水洗浄ができます。約60℃の温水は、肌着や白物衣類の除菌に適しており、槽洗浄コースにも適用されます。40℃前後の温水は洗剤の洗浄効果を最大限に引き出し、ニオイの原因菌や皮脂汚れを洗い流します(※3)。衣類の黄ばみが気になる場合には約40℃の温水洗浄に30 分のつけ置きをコースに追加することで、繊維の奥に染み込んだ酸化した皮脂汚れまで洗浄できます。また、水温が低くなる冬場でも洗濯に適した水温で洗えるため、高い洗浄力を発揮します。

[画像7: https://prtimes.jp/i/19955/263/resize/d19955-263-437440-14.jpg ]



■その他の特長
・14の多様な運転コースを搭載
 衣類の種類や目的に合わせて洗濯できます。洗い時間や水温、すすぎ回数などを自由に組み合わせて洗濯が可能で、おこのみ洗濯として記憶させることができます。さらに、脱水後の布ほぐしやつけ置きを洗濯工程の中に追加することが可能です。
・回転洗い、たたき洗い、ソフト洗いを組み合わせて汚れに応じて洗浄
・ドラム式洗濯機の特長である少ない水量での洗濯が可能なため、約51%節水(※9)を実現
・使いやすいシンプルなダイヤル操作
・温水でドラムの汚れを洗い流す「槽洗浄コース」を搭載[画像8: https://prtimes.jp/i/19955/263/resize/d19955-263-466394-0.png ]



■商品仕様(※10)
[画像9: https://prtimes.jp/i/19955/263/resize/d19955-263-646296-12.png ]


※1:〈除菌の試験内容〉[試験機関](一財)日本食品分析センター [試験成績書発行年月日] 2019年7月18日 [試験成績書発行番号] 第19067752001-0101号 [試験方法]菌液付着試験布の生菌数測定 [除菌方法]Ag+カートリッジ使用水での洗濯 [対象部分]ドラム内の衣類 [試験結果]菌の減少率99%以上(自社換算値)
※2:銀イオンカートリッジの交換時期は、約2年です。(水温20℃、洗濯容量8kg、標準コースで2日に3回運転する場合。使用条件によって交換時期は前後します。) 別売にて購入可能。(参考価格3,000円(税抜))
※3:全てのニオイの原因菌を除去できるわけではありません。洗濯時間は温水にするための時間が追加になります。
※4:当社試験。洗濯物4kgを部屋干しでの乾燥時間を「標準コース」と「部屋干し約50℃すすぎコース」で比較。洗濯時間は温水にするための時間が追加になります。
※5:当社調べ。
※6:当社試験。洗濯物4kgを部屋干しでの乾燥時間を「標準コース」と「部屋干し約50℃すすぎコース」で比較。
※7:当社試験。標準コースで9回洗浄後、標準コースと部屋干しコースで洗浄し、脱水直後の仕上がりを比較。
※8: 衣類の汚れは人工皮脂によるものです。衣類の量、汚れ、洗剤の種類などによって効果は異なります。
※9: 当社のタテ型全自動洗濯機IAW-T801と当機の標準使用水量を比較。
※10:室温・水温、据付状態、衣類の量や種類・片寄りなどにより使用水量・消費電力量・運転時間が増減します。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング