クリップ専用プリンター「ココドリ」が、シャープの電子ノートと連携 ~電子ノートに書き込んだ内容を、「ココドリ」で手軽に印刷~

PR TIMES / 2014年9月24日 11時25分



 株式会社キングジム(本社:東京都千代田区)は、クリップ専用プリンター「ココドリ」専用ソフトのバージョンアップを実施し、シャープ株式会社(本社:大阪府大阪市)の電子ノートと連携させ、電子ノートで作成したメモやスケジュールの内容を、「ココドリ」で簡単に印刷できるようにいたしました。
 クリップ専用プリンター「ココドリ」は、パソコン画面に表示されている一部分だけを選択して手軽に印刷できる、コンパクトな感熱式プリンターです。画面の“ほしい部分だけ”を印刷できるので、必要な情報をノートにスクラップしたり、財布などに入れて持ち運ぶのに便利です。専用のロール紙(別売)は、裏面に糊が付いている「ふせんタイプ」と、通常紙の「メモタイプ」の2種類を用意しています。
 一方、シャープの電子ノートは、タッチパネル対応のモノクロ液晶を搭載し、細かい文字でも付属のペンで滑らかに書くことができる「手書きの良さ」と「デジタルの便利さ」を融合した電子ツールです。持ち運びしやすいコンパクトなサイズで、最大2000ページ※1分のデータを保存することができ、1回の充電※2で約30日間使用※3可能です。また、付属のmicro USBケーブルを使ってパソコンと接続することもできます。
 今回、「ココドリ」とシャープの電子ノート、それぞれの専用PCソフトに相互連携する機能を追加いたしました。これにより、電子ノートに書き込んだ文字や図を、「ココドリ」を使って簡単に印刷したり、「ココドリ」専用ソフトを利用して切り取ったホームページの情報や、オフィスソフトウェアなどで作成したオリジナルフォームを電子ノート側に取り込むことも可能となります※4。
 その他にも、「ココドリ」のみの機能追加として、パソコン内の任意のフォルダを指定することで、切り取ったデータ以外も簡単に印刷できる「ショートカットフォルダ機能」を搭載しました。
 当社では、今後も「ココドリ」専用ソフトの機能向上に努めるとともに、「ココドリ」の機能をより活かすことができる製品との連携を積極的に推進してまいります。
※1 WG-N20またはWG-S20にて、液晶画面に実際に書き込めるサイズ(約91×116mm)を1ページとした場合。WG-N10は1000ページ分。
※2 充電には、パソコン、付属のUSBケーブルが必要です。
※3 1日2時間(記入40分、表示80分)使用の場合。使用環境により短くなる場合があります。
※4 オリジナルフォームの取り込み・作成は、WG-N10では対応していません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング