大迫力のサウンドでリアルな臨場感を4K・HDR対応(※1)液晶テレビ「LUCAシリーズフロントスピーカーモデル」3機種発売

PR TIMES / 2019年9月25日 11時56分

 アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)は、4K対応テレビLUCAシリーズの新商品として音質重視のため画面下にスピーカーを搭載した「フロントスピーカーモデル」3機種を2019年10月10日より新発売します。全国の家電量販店、ホームセンターを中心に販売し、初年度3万台の出荷を目指します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/19955/264/resize/d19955-264-519284-0.png ]

 今回発売の「フロントスピーカーモデル」はテレビ前面にスピーカーを搭載し、スピーカーボックスを採用することで従来品にはない重低音を表現でき、クリアで迫力のあるサウンドをダイレクトに体感できます。また、映像をより美しく自然に引き立たせる当社独自のチューニング技術により、過度な鮮やかさを抑制し、目にもやさしく映像鑑賞を楽しめます。また、2つのチューナーと2系統のUSB端子を搭載することで、裏番組録画にも対応でき、番組を見ながら別チャンネルのドラマや映画、バラエティなどを録画できます。さらに、応答速度6.5ms(※2)に対応しているため、スポーツや映画など動きの速いコンテンツも鮮明で、滑らかな映像で楽しめます。リモコンも従来品に比べ、使用頻度の高いボタンを大きくすることで、操作性に優れた使いやすいデザインを実現しています。
 今後も当社は、ユーザーインの発想で商品開発を行うことにより、日常の不満を解決し、快適な生活の実現に貢献していきます。

■商品特長
1. フロントスピーカーと高音質技術で大迫力のサウンドを実現 
 フロントスピーカーを搭載することでダイレクトに音を体感できます。また、スピーカーボックスが従来品では表現の難しかった重低音も再現するため、クリアで迫力のあるサウンドで映像を楽しめます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/19955/264/resize/d19955-264-709964-1.png ]


2. 豊かな色彩と細部まで細かな映像を自然に再現
 当社独自のチューニングが、自然の色彩と美しさを引き出すとともに、過度な鮮やかさを抑えることで、自然な美しさが目にも優しい映像を表現しています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/19955/264/resize/d19955-264-320467-2.png ]

3. HDR対応でより自然な美しさを実現
 HDR対応により、表示できる明るさの幅が広がり、色の表現力が上がるため、より一層美しい映像が楽しめます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/19955/264/resize/d19955-264-111937-3.png ]


【その他の特徴】
・外付けHDD裏番組対応で視聴中に裏番組を録画できます。
・リモコンのデザインを変更し、より簡単に操作できます。
・HDDを2台接続可能なため、複数の録画コンテンツを保存できます。
・応答速度6.5ms※2対応で動きの速い映像もきれいに表現できます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/19955/264/resize/d19955-264-333660-4.png ]



[画像6: https://prtimes.jp/i/19955/264/resize/d19955-264-473771-5.png ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/19955/264/resize/d19955-264-135553-6.png ]


※1:別売のチューナーを追加することで受信できます。
※2:55V型のみ対応
※3:ダブルチューナー機能搭載モデルにおいても、1つは番組視聴専用チューナーのため、2番組同時録画には対応していません。
※4:年間消費電力量とは:省エネ法に基づいて、1日あたり4.5Hの動作時間/19.5Hの待機時間(電子番組表取得時間を含む)で算出した、1年間に使用する電力量です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング