【アイドリングストップ車用・ハイブリッド車補機用バッテリー】エコカー専用バッテリーを市販市場向けに新発売、業界最多※1のラインアップを展開

PR TIMES / 2012年6月28日 11時22分



パナソニックグループのパナソニックストレージバッテリー株式会社は市販市場(アフターマーケット)向けに「アイドリングストップ車用バッテリー」「ハイブリッド車補機用バッテリー」を、BlueBatteryシリーズ「caos(カオス)」ブランドとして2012年7月に新発売します。

▼カーバッテリー商品情報 
http://panasonic.jp/car/battery/
※新製品に関するホームページ掲載は7月1日以降を予定しています

【商品概要】
品名:caosアイドリングストップ車用
品番:「AS」
メーカー希望小売価格:オープン
発売日:2012年7月(順次発売予定)

品名:caosハイブリッド車補機用
品番:「HV」「H2」
メーカー希望小売価格:オープン
発売日:2012年7月(順次発売予定)


環境意識の高まりを背景に、燃費向上・CO2削減により環境への負荷を軽減する「アイドリングストップ車」や「ハイブリッド車」などのエコカーが急速に普及しています。パナソニックはエコカー用バッテリー(鉛バッテリー)の新車OEM(純正品)において高い占有率を確保しています。今回はアフターマーケット向け補修用バッテリーとして、展開していきます。

パナソニックは、「エレクトロニクスNo.1の『環境革新企業』」を目指しており、環境負荷低減に貢献するために、エコカー用バッテリーを始め、環境貢献度の高いカーバッテリーの開発、商品化を進めていきます。

※1 2012年6月28日現在、エコカー用バッテリーとして。当社調べ。


【特長1】
過酷な使用環境にも耐えられる高い「充電受入性能」「耐久性」を実現(caosアイドリングストップ車用)
停車中のエンジン停止により、燃費を約7~10%向上できる「アイドリングストップ車」が急速に普及しています。
「アイドリングストップ車」はアイドリングストップ時、エアコンのファンなどの電力を全てバッテリーから供給しており、バッテリーは充電不足が続きます。充電不足を解消するためには、短時間でより多くの充電ができる「高い充電受入性能」が必要です。また、「アイドリングストップ車」は頻繁にエンジンの「ON/OFF」を繰り返しバッテリーに大きな負荷をかけるため、「高い耐久性」も必要とされています。
今回発売する「caosアイドリングストップ車用バッテリー」は新車OEMに使用している技術を取り入れ、高い「充電受入性能」と「耐久性」を実現しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング