1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

モリサワ 国連WFP世界食料デーキャンペーン2021「ゼロハンガーチャレンジ~食品ロス×飢餓ゼロ~」に協賛

PR TIMES / 2021年9月29日 17時45分

株式会社モリサワは、「持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)」の取組みの一環として、国連WFP協会主催の世界食料デーキャンペーン2021「ゼロハンガーチャレンジ~食品ロス×飢餓ゼロ~」に協賛します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/10848/266/resize/d10848-266-402b0a8457446cc0631d-0.png ]


10月16日は世界食料デー。世界の飢餓や栄養不足と、その解決策について考える日です。世界では生産された食べ物の3分の1が廃棄されています。一方、地球上では10人に1人、最大8億1,100万人が餓えに苦しんでいます。日本も「食品ロス」大国の一つです。国連WFPが支援する1.4倍もの食品が廃棄されているのです。


[画像2: https://prtimes.jp/i/10848/266/resize/d10848-266-c2aebc9ffca8fa3cc529-1.png ]


ゼロハンガーチャレンジは、国連WFP協会が私たちと途上国の子どもたちとの間で食料をつなぐ取組みです。私たちが食品ロスを減らすアクションを起こしてSNSに投稿すると、1投稿=120円の寄付として、国連WFP協会が途上国の子どもたちに学校給食を届けます。
モリサワは、「文字を通じて社会に貢献する」を社是とし、社会価値の創造、SDGsの達成に向けた企業活動に積極的に取り組んでおり、昨年に続き、本キャンペーンに寄付企業として協賛します。

世界食料デーとは

世界の飢餓・貧困問題・栄養不良についての関心と理解を深め、解決していくことを目的として、国連が制定した世界の食料問題について考える日(10月16日)。


キャンペーン概要

内  容:食品ロス削減のための取組みをSNSで広く募集します。1投稿につき120円が国連WFPの学校給食支援に寄付されます。
実施期間:2021年9月29日(水)~10月31日(日)
主  催:特定非営利活動法人 国際連合世界食糧計画WFP協会

参加方法

STEP1:食品ロス削減につながる行動を起こす。
STEP2:ハッシュタグ「#食品ロスWFP2021」をつけてSNS(Instagram, Twitter, Facebook)に投稿。
STEP3:1投稿につき120円が、寄付協力企業から国連WFP協会を通じて、国連WFPによる途上国の学校給食支援に寄付されます。
STEP4:投稿してくれた方の中から抽選で協賛企業より賞品を贈呈します。

※国連WFPの公式アカウント、および本キャンペーンに協力するキャンペーンアンバサダー、スペシャルサポーターの「#食品ロスWFP2021」付き投稿のリポスト(Instagram)、リツイート(Twitter)、シェア(Facebook)も120円の寄付としてカウントされます(Instagramでリポストされる際は、上記のハッシュタグも付けてください)。

詳しくはこちら
https://www.jawfp.org/worldfoodday2021/index.php#action

●キャンペーンに関するお問合せ
特定非営利活動法人 国際連合世界食糧計画WFP協会
Tel: 0120-496-819 9:00~18:00(通話料無料・年始を除く年中無休)
E-mail: pr@jawfp.org

●本件に関するお問合せ
株式会社モリサワ サステナビリティ推進部 ダイバーシティ推進室
E-mail: sustainability@morisawa.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング