1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

歯科インプラント市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

PR TIMES / 2021年7月27日 18時45分

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「歯科インプラント市場:世界の業界動向・シェア・市場規模・成長・機会・予測 (2021~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を7月26日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc988410-dental-implants-market-global-industry-trends.html



[画像: https://prtimes.jp/i/71640/266/resize/d71640-266-0d0968d2d77adb7d7a8c-0.jpg ]


市場の概要
歯科インプラント市場は、2020年に56億米ドルの規模に達しました。歯科用インプラントは、仮歯や歯のブリッジを支えるための人工歯根です。ジルコニアやチタンなどの生体適合性の高い金属で作られたフレームで、外科的に歯茎の下の顎の骨に埋め込み、人工歯を支える役割を果たします。これにより、義歯やブリッジを固定するとともに、従来の義歯と比較してより自然な使用感を得ることができます。現在、市場には骨内インプラント、骨膜下インプラント、骨膜外インプラントの3種類のインプラントがあります。これらのうち、骨内インプラントは、ブリッジや義歯を取り付ける組織に移植されます。骨膜下インプラントは、歯肉組織の下に、人工歯を装着する金属フレームを突出させて装着します。一方、骨膜外インプラントでは、U字型の金属フレームを顎の骨と歯周組織に通します。

市場の動向及び成長要因
歯科インプラント市場を牽引している主な要因として、虫歯や歯周病、歯周病菌などの口腔衛生問題の増加が挙げられます。さらに、補綴物の導入は、口腔内の動きや患者の顔の構造を再構築するのに役立つため、歯科インプラントの需要を促進する重要な役割を果たしています。さらに、インプラントは、消費者の審美性を高めながら、不快感やメンテナンスの回数を減らすことができます。その他、子供や大人の不適切な口腔衛生、高齢者人口の増加、審美歯科に対する需要の高まり、新興国でのデンタルツーリズムの増加、消費者の可処分所得の増加などの要因が、予測期間中の歯科インプラント市場を牽引すると考えられます。歯科インプラント市場は、今後5年間で緩やかな成長を示すと予想されています。

主要な市場区分
歯科インプラント市場は、材料、製品、最終用途、地域に基づいて分類されています。

材料別の内訳は以下の通りです。
チタン製歯科用インプラント
ジルコニウム製歯科用インプラント

現在、チタン製のインプラントが世界中の消費者に好まれています。

製品別の内訳は以下の通りです。
骨内インプラント
骨膜下インプラント(Subperiosteal Implants)
骨膜外インプラント(Transosteal Implants)
粘膜内インプラント

現在、骨内インプラントが最も多く使用されている製品タイプです。

最終用途別の内訳は以下の通りです。
病院
歯科医院
学術・研究機関
その他

上記のエンドユーザーの中で、歯科インプラントは主に歯科医院で使用されています。

地域別の市場区分は以下の通りです。
欧州
北アメリカ
アジア太平洋地域
中近東・アフリカ
ラテンアメリカ

地域別に見ると、ヨーロッパがインプラントの最大の市場であり、市場シェアの大半を占めています。これは、同地域に高齢者人口が多いことに起因しています。

市場の競合状況
歯科インプラント市場における主要な企業としては、以下の通りです。
バイオホライゾン・インプラント・システムズ社
ノーベルバイオケア・サービスAG
ジマー・バイオメット・ホールディングス株式会社
OSSTEM IMPLANT Co, Ltd.
ストラウマングループ
バイコン, LLC
アントジールSAS
デンツプライ・シロナ
株式会社デンティウム
T-Plus Implant Tech. Ltd.
京セラメディカル株式会社
ダナハー・コーポレーション


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc988410-dental-implants-market-global-industry-trends.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL: https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: https://www.gii.co.jp
委託調査: https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会: https://www.giievent.jp/partnering.shtml

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング