日本最大の立体迷路 「ココドコ」、迷路数日本最多 「迷路百貨店」本日同時オープン!

PR TIMES / 2013年7月21日 9時44分



 富士急行株式会社(山梨県富士吉田市、代表取締役社長:堀内光一郎)は本日、
富士山2合目の遊園地ぐりんぱ(静岡県裾野市)に日本最大の立体迷路「ココドコ」
を、さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト(神奈川県相模原市)に日本最多の迷路
数を誇る「迷路百貨店」を、同時オープン致しました。

 立体カラクリ迷路「ココドコ」は、無数の仕掛けを突破してゴールを目指す巨大
迷路アトラクションです。その規模は延べ床総面積1,000m2 にも及び、立体迷
路としては日本最大です。(自社調べ)
 挑戦者は壁抜けなどの無数のカラクリと上下左右の移動を繰り返す内に自分の位置
を見失い、思わず「ここどこ?」という状態に陥ります。カラクリを全て突破して
たどり着いた頂上からは、手の届くような距離での雄大な富士山を一望できます。

 一方「迷路百貨店」は、8施設13種類のバラエティに富んだ迷路の総称で、単一の
施設内に存在する迷路の数としては日本最多となります。方向感覚を失わせる六角形の
空間が延々と続く「ミツバチ大作戦」や、壁一面鏡に囲まれた「ミラーメイズ」の他、
広大なとうもろこし畑をかきわけて進む「コーン畑の冒険」や、ずぶ濡れになること
必至の「ウォータートラップ」など、夏ならではの迷路も楽しめます。

 遊園地といえば、アトラクションに乗るという受身の楽しみ方が基本ですが、ここ数年、
アスレチックや宝探しといった、考えたり体を動かして楽しむアクティビティに注目が集
まっています。中でも“迷路”は、判断力や記憶力が養われたり、達成感が得られるなど、
子どもの発育にとても良い影響を与えるということで、各地に趣向を凝らした様々な迷路が
登場しています。この夏は、ぜひ家族で「ココドコ」および「迷路百貨店」にご挑戦ください。


【立体カラクリ迷路「ココドコ」概要】
■所  在  地  遊園地ぐりんぱ
■オープン日   2013年 7月20日(土)
■コ ー ス    わんぱくコース
          おてんばコースの2コース      
■料金      各400円(ワンデークーポン利用可)
         ※2つのコースはそれぞれ別料金となります。
         ※小学生未満は、保護者の方の同伴が必要となります。
■所要時間    約35分
■迷路床総面積  約1,000m2
■最高部高さ  13m


【「迷路百貨店」概要】
 バラエティに富んだ8施設13種類の迷路の総称。既存の迷路4施設に加え、
 新たに誕生する4施設で構成されます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング