駅チカで便利に健診!沿線ウォーキングでさらに健康増進!尼崎市と阪急阪神ホールディングスグループが協働して尼崎市民の健康度アップに取り組みます

PR TIMES / 2014年6月6日 15時59分

阪急阪神ホールディングスグループは、尼崎市と協働して、尼崎市民の皆さまの健康増進に繋がる機会を、手軽に楽しく提供する取り組みを実施します。

リリースはこちら→ http://www.hankyu-hanshin.co.jp/news_release/pdf/20140606_2432.pdf

この取り組みは、尼崎市が市民を対象に実施している健診や保健指導について、当社グループの駅や沿線情報誌での告知等によって受診を呼び掛けるPRや、健診や保健指導の後、運動が必要な方に対して、当社グループが実施するガイド付きウォーキングイベント等をご紹介することで、

健診 → 保健指導 → 健康増進
↑____________________↓

という、「尼崎市民の健康度アップ」のサイクルを手軽にご提供し、地域を元気にすることを目指しています。

さらに、国が推奨する『健康を長く維持するための「予防」に向けた活動に対して付与する「ヘルスケアポイント」』の考え方を取り入れ、健診・保健指導の受診やウォーキングイベントなどへの参加に応じて、阪急阪神ホールディングスから「SMART STACIAポイント」を進呈(※)し、尼崎市民の皆さまが健康づくりに楽しくお得に参加していただくきっかけをご提供したいと考えています。

※本取り組みで「SMART STACIAポイント」を獲得するためには、スマートフォン端末で
「阪急阪神おでかけアプリ」をダウンロード(無料)していただく必要があります。

尼崎市では、「予防できる病気で倒れる市民を減らしたい」との思いから、市民の皆さまが健康で長生きできる環境整備を目指しており、生活習慣病の発症予防と、心筋梗塞などの重症化予防の取り組みとして平成18年度(2006年)から「ヘルスアップ尼崎戦略事業」を展開しています。
一方、当社グループでは、「阪急・阪神沿線の住民の方々に末永く住み続けたいと思われる沿線」を目指して新しい事業・サービスの導入を検討しており、その一環として「長く健康で暮らせる沿線」の実現に寄与するヘルスケア関連の取り組みについて検討をすすめていたことから、両者の思いが一致。当社グループの阪急電鉄と阪神電気鉄道が長年にわたって実施しているウォーキングイベントや阪急阪神カードが運営するSMART STACIAポイントサービスの仕組みなどを活用することについて、尼崎市と協働して取り組むこととなりました。当社が沿線自治体とこのような取り組みを協働して行うのは初めてで、これを「長く健康で暮らせる阪急阪神沿線」の実現に向けた第一歩にしたいと考えています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング