1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

12月16日・17日(土日)南海トラフ地震に備える!広島県神石高原町にて「多機関連携災害時医療救助訓練」を開催

PR TIMES / 2023年11月29日 18時45分

認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン(代表理事:大西健丞 本部:広島県神石高原町)が運営する空飛ぶ捜索医療団"ARROWS"は12月16日・17日に中国地方山間部での南海トラフ級巨大地震の発生を想定し、国内外から集まる様々な機関が被災地で連携して支援活動にあたれるよう、フィールドホスピタル(野外病院)の展開訓練を行います。



空飛ぶ捜索医療団は、大規模災害の被災地にいち早く駆けつけ、救助・救命活動を行う、医療を軸とした災害緊急支援プロジェクトです。東日本大震災以降、ほぼ全ての国内外大災害に出動し、多くの被災者の方々を支援してきました。
多機関連携災害時医療救助訓練は、年に一度開催され、今回で第4回目となります。大学やDMAT、消防、企業、NGO、学生など、20を超える様々な機関が参加し、昨年は152名、24団体とともに訓練を実施しました。

また、今後の海外での活動や災害時の連携を見据えて、海外から下記の災害支援の専門チームを招聘します。
●台湾 
・衛生福利部桃園醫院/NPO法人台湾災害医療チーム発展協会 医師・看護師
●フィリピン 
・APAD Philippine (アジアパシフィックアライアンス・フィリピン)エグゼクティブディレクター 
・Phillippne Medical Association 副会長

海外からの一部の参加者は、本訓練ではプレイヤーとして活動する予定です。
大規模災害発生時に海外チームとスムーズな連携が組めることを目指します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/35080/267/resize/d35080-267-316a1cdc79cda713b0ab-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/35080/267/resize/d35080-267-8b02980ce81b2d4fe28b-1.jpg ]

私たちは、災害時でも縦割りでなく、横断的な視点で活動できる民間ならではの災害医療チームを目指しています。多機関連携災害時医療救助訓練は、大学やDMAT、消防、企業、NGO、学生等を交えて行われ、実際の災害を想定したものとなります。レスキューの現場と野外病院での診療や治療などの訓練をリンクして行う、全国でも稀な取り組みとなっています。昨年の訓練では、訓練後の成果として多機関との連携強化、行政への認知や協働の促進等々があげられました。

今回は、中国地方山間部の戸或町(仮想)でマグニチュード7.8の断層型地震が発生し、周辺地域で甚大な被害が及んだ想定で訓練を実施します。
神石高原町や広島県からの依頼を受けて、帝釈峡スコラ高原コスモドームに野外病院を設営、ヘリコプターや車両で運ばれてくる約50人の傷病者を診療する想定です。
野外病院には、WHOの提唱するフィールドホスピタル基準(Type1fixed)に基づき、応急処置のできる処置室やレントゲン設備を配備します。

[画像3: https://prtimes.jp/i/35080/267/resize/d35080-267-f1a1e1054406bdcb53a9-4.png ]

■訓練概要
【日時】2023年12月16日(土)・17日(日)
災害想定訓練 1日目 13:00-20:00/2日目 7:00-16:00
※ご見学は訓練中、常に可能ですが、いずれか1日でのご参加を希望される場合には2日目のご来場をおすすめいたします。
【会場】 帝釈峡スコラ高原 コスモドーム内 (広島県神石郡神石高原町相渡 2167)
※駐車場あり
※公共交通機関での来場が困難な場所にありますので、来場方法などはお気軽にご相談ください。

■当日スケジュール表
16日(土)は、主に野外病院の設営、救助犬による捜索救助のシミュレーションを行います。
17日(日)は、野外病院での傷病者の受け入れや、患者をヘリコプターで搬送するシミュレーションを行います。見学をされる場合は、野外病院が完成した段階で、被災地での患者搬送の想定を行う、2日目の9:00~11:30の間をおすすめいたします。
[画像4: https://prtimes.jp/i/35080/267/resize/d35080-267-b2122cf53cc499b5555a-5.png ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/35080/267/resize/d35080-267-0d7ed5a6cfe9582ada00-6.png ]

報道機関の皆様におかれましては、是非取材いただきますよう、お願い申し上げます。

団体概要
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
代表理事兼統括責任者:大西 健丞
設立年月:1996年2月
所在地:広島県神石高原町近田1161-2 2F 
東京事務所:東京都渋谷区富ヶ谷2-41-12 富ヶ谷小川ビル2F
主な活動:海外人道支援、災害緊急支援、地域復興・開発支援、犬の保護・譲渡活動
団体URL :https://peace-winds.org/

空飛ぶ捜索医療団“ARROWS”について
団体URL:https://arrows.red/
[画像6: https://prtimes.jp/i/35080/267/resize/d35080-267-609c6a87d15631cbb3f9-2.png ]









所在地:〒720-1622 広島県神石高原町近田1161-2 2F
TEL:0847-89-0885(代)/ FAX:0847-82-2949
活動開始:2019年12月
プロジェクトリーダー:稲葉 基高(医師)
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(代表理事兼統括責任者:大西健丞、本部:広島県神石高原町)が運営する、大規模災害の被災地にいち早く駆けつけ、救助・救命活動を行う、医療を軸とした災害緊急支援プロジェクトです。航空機やヘリコプター、船などの輸送手段を活かし、医師や看護師、レスキュー隊員、災害救助犬などの救助チームが被災地に赴きます。東日本大震災以降、ほぼ全ての国内大災害に出動し、多くの被災者の方々を支援してきました。
現場では自治体、病院、NPO、企業、さらに自衛隊・消防などとも連携を図り、発災直後の救助・救命活動から物資配布や避難所運営、中・長期的な復興のサポートまで必要な支援を最適な形で届けます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください