発声困難患者との5手法の対話アプリ(2つの現場業務用ツール付)を無料提供開始

PR TIMES / 2013年5月23日 10時15分

~「手書き(自動文字認識)」「50音表」「よくある症状・場面から」など多機能で 「声かけチェック」機能や「鎮静・鎮痛・せん妄評価スケール」も内包~



月600万人が利用する日本最大級の病院検索サイト、医薬品検索サイト、医療情報サイトを運営する総合医療メディア会社の株式会社 QLife(キューライフ/本社:東京都世田谷区、代表取締役:山内善行)は、ホスピーラ・ジャパン株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:佐伯広幸)と共同開発した医療者のための患者コミュニケーション・アプリ『ICU POINTALK(TM)』(読み:“アイシーユー・ポイントーク”)の提供を始めた。

ICU POINTALK(TM)は、東京女子医科大学病院の心臓ICUなどで実際に使われている医療者向けアプリで、iPad上で動作する。手術や呼吸不全などで挿管中、気切中のために発声できない患者さんや、神経疾患や脳卒中などの後遺症などにより会話が不自由な患者さんとのコミュニケーションを容易にするツール。従来は、患者さんが医療者の手のひらに指で1文字ずつ文字を書いたり、紙で作成した「50音順文字盤」の文字を「み・ぎ・の・あ・し・が・い・た・い」などと一語ずつ指で指し示したりすることにより憶測を交えてコミュニケーションをしていたが、この方法では時間がかかり、「言いたいことが伝わらない」「何を言いたいかわからない」といったコミュニケーション障害により、患者さん・医療者の双方のストレスや不安を増大させることがあった。

このほど開発されたICU POINTALK(TM)は、iPadのインタラクティブ性を活かした「手書き入力(自動文字認識)」「50音表」「よくある症状・場面」など複数のコミュニケーション手法が用意されており、iPad上で患者さん自身の能力や状況に応じて最適な入力方法を選ぶことができる。また、高齢者でもすぐに使えるよう、直感的にわかりやすく、文字は大きくはっきりと表示されるため、高齢者施設、在宅介護などでも活躍する。

昨今、集中治療室(ICU)などの医療現場では、麻酔(鎮静薬)で患者さんの意識レベルを落とし過ぎるのではなく、むしろ浅い鎮静状態を保つ「ライト・セデーション」の方が良い治療成果に繋がる可能性があると考えられ始めている。ライト・セデーションにおいては、患者さんの状態を把握するための意思疎通がより重要となるため、発声がしにくい患者さんとのコミュニケーションを支援するツールが求められている。また「コミュニケーション促進によるストレスや不安の軽減で、鎮静薬の投与量が適正にコントロールしやすくなる」という相乗的なメリットの可能性にも関係者は期待している。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング