「MAJOR FLOW Z」シリーズのラインナップに勤怠管理システムが新登場!

PR TIMES / 2019年10月1日 11時40分

「MAJOR FLOW Z TIME」と「MAJOR FLOW Z CLOUD」勤怠管理機能の提供を開始

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社の連結子会社であるパナソニック ネットソリューションズ株式会社(以下:パナソニックNETS)は2020年4月より、ワークフローシステム「MAJOR FLOW Z(メジャーフロージー)」シリーズの新ラインナップとして勤怠管理システム「MAJOR FLOW Z TIME」を発売するとともに、クラウドサービス「MAJOR FLOW Z CLOUD」の勤怠管理機能を提供開始します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/1723/270/resize/d1723-270-379620-3.png ]



特長 ・・・ 多彩な機能で業務効率化を推進して働き方改革を支援!


「MAJOR FLOW Z TIME」及び「MAJOR FLOW Z CLOUD」勤怠管理機能は、これまで多くのお客様にご利用頂いておりました勤怠管理システム「MajorFlow Time」のノウハウをベースにした新製品です。「MajorFlow Time」でご好評頂いていた柔軟性の高いビューデザインや標準搭載のプロジェクト工数管理機能などはそのままに、複数会社対応や多言語対応など、「MAJOR FLOW Z」シリーズの機能でパワーアップを果たしました。スマートデバイスからの利用も可能で、テレワークをはじめとした多様な働き方をサポートします。

パナソニックNETSでは、2005年よりWEBワークフローシステム「MajorFlow」及び「MAJOR FLOW Z」を手がけ、お客さまのニーズに合わせ数々の機能強化に取組んでまいりました。今後もお客様のご要望にお応えできる製品を提供し、業務効率化というお客さまの課題解決に貢献できるように邁進してまいります。


「MAJOR FLOW Z TIME」「MAJOR FLOW Z CLOUD」勤怠管理機能について



[表: https://prtimes.jp/data/corp/1723/table/270_1.jpg ]



主な機能(「MAJOR FLOW Z TIME」「MAJOR FLOW Z CLOUD」勤怠管理機能ともに)
・勤務時間や残業時間を自動集計
・シフト勤務やフレックス等の変形労働など、様々な勤務形態に対応
・年休や振休、代休の付与・失効を自動管理
・残業申請や休暇申請などの勤怠ワークフロー
・残業時間が指定時間を超過したい際にアラート通知
・勤務時間をプロジェクトに分配して工数管理
・利用端末に応じて使いやすいようにレイアウトを自動調整
・目的に合わせて自由に集計・一覧画面を作成

連携機能(「MAJOR FLOW Z TIME」「MAJOR FLOW Z CLOUD」勤怠管理機能ともに)
・給与システム連携
・原価管理システム連携
・シフト作成システム連携
・グループウェア連携
・ICカードリーダー連携
[画像2: https://prtimes.jp/i/1723/270/resize/d1723-270-717872-0.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/1723/270/resize/d1723-270-690544-1.png ]



[画像4: https://prtimes.jp/i/1723/270/resize/d1723-270-115182-2.png ]




「給与システム連携」について

毎月、給与計算のために行なう、各種就業時間の集計及び給与システムへのデータ入力は担当者の大きな負担となっておりました。MAJOR FLOW Z TIMEではこれらのご利用中の給与システムに必要なデータを集計し、データ連携することが可能。集計や入力に関するケアレスミスも無くなり、これらの課題をまとめて解決できます。

【給与奉行連携の特長】
■ 勤怠データ連携
・給与計算に必要な実績データを自動集計。給与奉行のフォーマットでCSVデータを出力。
■ 連携対応システム
・給与奉行i10、給与奉行VERP10、給与奉行クラウド(株式会社オービックビジネスコンサルタント)

【PCA給与連携の特長】
■ 勤怠データ連携
・給与計算に必要な実績データを自動集計。PCA給与のフォーマットでCSVデータを出力。
■ 連携対応システム
・PCA給与DX、PCA給与DXクラウド、PCA給与hyper、PCA給与hyperクラウド(ピー・シー・エー株式会社)


「原価管理システム連携」について

変化の激しい時代に生き残るためのシミュレーションのため、多くの企業で原価管理を行なっています。管理すべき原価の中でも人件費の占める比重は多く、コストの見える化の大切なポイントです。MAJOR FLOW Z TIMEでは、プロジェクト毎に要した工数を正確に集計し、データ連携することで、正確かつ迅速な原価管理をサポート致します。

【ガリバーシリーズ連携の特長】
■ プロジェクト工数データ連携
・原価計算に必要な作業時間をプロジェクト毎に自動集計。ガリバーシリーズのフォーマットでCSVデータを出力。
■ 勤怠データ連携
・給与計算に必要な実績データを自動集計。ガリバーシリーズのフォーマットでCSV出力。
■ 連携対応システム
・ガリバー・プロステージ、ガリバーNEXT、ガリバー匠(あさかわシステムズ株式会社)

【どっと原価NEO連携の特長】
■ プロジェクト工数データ連携
・原価計算に必要な作業時間をプロジェクト毎に自動集計。どっと原価NEOシリーズのフォーマットでCSVデータを出力。
■ 連携対応システム
・どっと原価NEO LT、どっと原価NEO ST、どっと原価NEO EX、どっと原価NEO クラウド(株式会社建設ドットウェブ)


「タイムレコーダ連携」について

正確に勤務実績を把握・集計するためには、もれなく日々の出退勤の情報を入力することが不可欠です。タイムレコーダと連携することでMAJOR FLOW Z TIMEにログインすることなく、端末にICカードをかざすだけで出退勤の情報が反映されるので入力作業が不要になり、同時に、出退勤の時刻に関する客観的な記録も残せるようになります。

【ピットタッチ・プロ2勤怠パッケージ連携の特長】
■ 出退勤打刻連携
・タイムレコーダーに打刻した出勤、退勤の時刻を勤務表に自動的に反映。
■ 連携対応システム
・ピットタッチ・プロ2勤怠パッケージ(株式会社スマート・ソリューション・テクノロジー)


「グループウェア連携」について

近年、「働き方改革」への取り組みとして情報共有などによる業務効率化を図るためにグループウェアを採用する企業が増えております。グループウェアは出勤時に起動し、退勤時まで常時ご利用されるような運用をされることが多いことから、出勤時・退勤時の打刻、残業などの申請・承認をグループウェアから行いたいというご要望を数多く頂きました。
MAJOR FLOW Zシリーズではグループウェア製品との連携モジュールを用意しており、各種グループウェアとのシングルサインオン連携を実現。ポータルからの打刻や申請/承認が行えるようになります。

【Office 365 / SharePoint 連携の特長】

[画像5: https://prtimes.jp/i/1723/270/resize/d1723-270-209438-4.jpg ]


■ シングルサインオン
・SharePointにログインすればMAJOR FLOW Zへのログインは不要。
■ ポータル連携
・SharePointのポータルに打刻ボタンや申請書 一覧、承認待ち一覧を表示。
■ 連携対応システム
・Office 365 / SharePoint(日本マイクロソフト株式会社)


【Garoon連携の特長】
■ シングルサインオン
・GaroonにログインすればMAJOR FLOW Zへのログインは不要。
■ ポータル連携
・Garoonのポートレットに打刻ボタンや申請書 一覧や承認待ち一覧を表示。
■ 連携対応システム
・Garoon(サイボウズ株式会社)

【desknet’s NEO連携の特長】
■ シングルサインオン
・desknet’s NEOにログインすればMAJOR FLOW Zへのログインは不要。
■ ガジェット連携
・desknet’s NEOのガジェットに打刻ボタンや申請書一覧、承認待ち一覧を表示。
■ 連携対応システム
・desknet’s NEO、desknet’sクラウド(株式会社ネオジャパン)


パートナー各社からのコメント(五十音順)

あさかわシステムズ株式会社 東京支店 支店長 高岡 直人 様
「ガリバー」シリーズは、「MAJOR FLOW Z FORM」「MAJOR FLOW Z KEIHI」に連携対応しており、更に「MAJOR FLOW Z TIME」と連携対応させて頂く事を心より歓迎致します。
建設業のお客様は、2024年4月1日に施行される、働き方改革関連法の残業時間上限規制に向けて、業務効率化とさらなる生産性向上について、すべての建設会社が解決すべき課題となっております。
今回の連携において、更に勤怠管理や各工事毎の工数管理の業務効率を大幅に向上させる事ができます。
全体としては、建設業向けERPシステム「ガリバー」シリーズと、「MAJOR FLOW Z」シリーズとの連携により、経営課題の解決と様々な業務効率化が図れ、建設業の働き方改革を大きく推進できるものと確信しております。
今後もあさかわシステムズ株式会社は、パナソニックネットソリューションズ株式会社様と協業し、建設業のお客様のビジネスの発展を支援して参ります。

株式会社オービックビジネスコンサルタント 代表取締役社長 和田 成史 様
株式会社オービックビジネスコンサルタントは、「MAJOR FLOW Z」シリーズの「MAJOR FLOW Z TIME」と「MAJOR FLOW Z CLOUD 勤怠管理」の発表を心より歓迎いたします。
「MAJOR FLOW Z TIME」及び「MAJOR FLOW Z CLOUD 勤怠管理」と「給与奉行」との連携により、プロジェクト単位での労働時間の可視化や、勤怠管理から給与計算まで一貫した業務時間の削減が可能になることで、より多くのお客様の働き方改革を加速できるものと確信しております。
今後も株式会社オービックビジネスコンサルタントは、パナソニック ネットソリューションズ株式会社様と協業し、お客様の経営課題の解決や業務環境の改善を支援してまいります。

社会保険労務士法人ガルベラ・パートナーズ 東京事務所長 原 祐美子 様
社会保険労務士法人ガルベラ・パートナーズは、Web勤怠管理システム「MAJOR FLOW Z TIME」の発表を心より歓迎いたします。
勤務実績の正確な集計や見える化により、お客様が取り組まれている働き方改革に向けて、生産性の向上や時間に対する意識の改善を推進するものと確信しております。
今後も一層のパートナーシップ構築に勤しみ、共にお客様の支援をしてまいります。

株式会社建設ドットウェブ 代表取締役社長 三國 浩明 様
建設業向け原価管理システムの開発・販売を行う、株式会社建設ドットウェブは、この度、勤怠管理システム「MAJOR FLOW Z TIME」と原価管理システム「どっと原価NEO」との連携を心より歓迎いたします。
建設業や製造業における働き方改革関連法への対応が望まれる中、勤怠管理へのニーズの高まりは益々増加しています。更に人手不足への業務合理化などへの期待も多いに高まっており、今般の技術連携は、「どっと原価NEO」の利便性をさらに向上させ、生産性向上とコスト管理による収益向上をお客様にご提供できるものと確信いたします。
今後も株式会社建設ドットウェブは、ビジネスパートナーであるパナソニック ネットソリューションズ株式会社様と協業し、お客様のゆとりある企業づくりを支援してまいります。

サイボウズ株式会社 ビジネスマーケティング本部長 執行役員 林田 保 様
サイボウズ株式会社は「MAJOR FLOW Z」シリーズの新製品と中堅・大規模組織向けグループウェア「Garoon」が連携対応することを心より歓迎いたします。
本連携により、網羅的な情報基盤であるGaroonからツールの切替えなく勤怠管理業務が実現でき、ユーザーに快適な環境を提供いたします。既に連携を実現している経費精算やワークフローの効率化、時間削減に加え、お客様のさらなるビジネス加速に貢献できると確信しております。
今後も一層のパートナーシップ構築に勤しみ、共に企業の業務改革を支援してまいります。

株式会社スマート・ソリューション・テクノロジー 取締役営業本部長 大島 貴之 様
株式会社スマート・ソリューション・テクノロジーは、「MAJOR FLOW Z」シリーズの新製品である「MAJOR FLOW Z TIME」と「MAJOR FLOW Z CLOUD」勤怠管理が、「ピットタッチ・プロ2勤怠パッケージ」と
連携に対応したことを心より歓迎いたします。
働き方改革関連法の施行により企業は従業員の労働時間について「客観的記録」の保存が求められていますが今回の連携により「MAJOR FLOW Z TIME」と「MAJOR FLOW Z CLOUD 勤怠管理」を採用したお客様は社員証ICカードをピットタッチ・プロ2にかざすだけで簡単に客観時刻の記録の保存が可能となります。

株式会社ネオジャパン 代表取締役社長 齋藤 晶議 様
株式会社ネオジャパンは、勤怠管理システム「MAJOR FLOW Z TIME」の発表ならびにグループウェア「desknet's NEO」との連携対応を歓迎いたします。
いま企業に求められている柔軟な働き方の推進には、ITツールを駆使したさらなる業務効率化と同時に、これまで以上の法令遵守・内部統制の仕組み作りが必要です。多様な働き方に対応し、同時にコンプライアンスの強化も実現する「MAJOR FLOW Z TIME」と、企業ポータルとしてすべての業務の入り口となり、様々な業務課題を解決する「desknet's NEO」により、大企業・中堅企業の働き方改革を大きく推進できるものと確信しております。
今後もネオジャパンは、パナソニック ネットソリューションズ様との連携を深めるとともに、お客様の課題解決に繋がるソリューションを提案してまいります。

ピー・シー・エー株式会社 代表取締役社長 佐藤 文昭 様
中小・中堅企業向け基幹業務ソフトを開発・販売するピー・シー・エー株式会社は、パナソニックネットソリューションズ株式会社様の「MAJOR FLOW Z TIME」の発表を心より歓迎いたします。
本連携により、勤怠データの集計・PCA給与への勤怠データ入力作業を軽減し、業務効率を大幅に向上させ、お客様の働き方改革に貢献できると確信しています。
今後もピー・シー・エー株式会社は、パナソニックネットソリューションズ株式会社様と協業し、お客様のビジネスの発展を支援してまいります。


■パナソニック ネットソリューションズについて
パナソニック ネットソリューションズは、ワークフロー事業と映像監視事業を柱とし、業務効率化・業務改善や安全・安心の実現に総合的に取り組んでいます。20年以上の豊富な経験・ノウハウを活かして開発したワークフローパッケージ「MAJOR FLOW Z」は、多くのお客さまから高い支持をいただいています。
また、映像監視システム「ArgosView」とクラウド録画サービス「Ciero」をコア技術とした映像ソリューションは、国内VMS市場においてシェアNo.1※を獲得しており、ご好評いただいています。

社名  : パナソニック ネットソリューションズ株式会社
代表者 : 代表取締役社長 前川 満
本社   : 〒108-0073 東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル3F
設立   : 2008年1月30日
資本金 : 7,000万円
URL   :  http://pnets.panasonic.co.jp/
※富士経済「2017、2018 セキュリティ関連市場の将来展望」


以   上

※本文に記載されている会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

【お問い合わせ先】
<報道関係者様>
パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社 営業統括部 企画管理チーム 山田 弥季
TEL:03-5715-5470  FAX:03-5715-5471  E-mail:press-pisc@ml.jp.panasonic.com
<お客様>
パナソニック ネットソリューションズ株式会社 戦略企画室 鬼頭(キトウ)
TEL:03-6414-7205  FAX:03-5439-3051

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング