ヘイズ・ジャパン、マネージング・ディレクター就任のお知らせ

PR TIMES / 2021年2月15日 14時45分

外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、以下ヘイズ)はこの度、本日、2月15日付で、グラント・トレンズがマネージング・ディレクターに就任したことをお知らせします。



[画像: https://prtimes.jp/i/8738/271/resize/d8738-271-774367-0.jpg ]


トレンズは2006年にヘイズの英国本社にてキャリアをスタートし、会計と金融業界を担当していました。2010年にヘイズのシンガポールに異動し、2019年1月にレジョナル・ディレクターに就任。シンガポール支社のマネジメントレベルとして2年間勤務しました。

トレンズの就任に伴い、これまで日本を統括していたリチャード・アードリーはアジア全体を継続して統括します。

アードリーは以下のようにコメントしています。
「グラント・トレンズはヘイズ・シンガポールにおいて、事業を成長に導き、官民問わず様々なクライアントにおいて絶大な実績を誇っています。この度、彼がヘイズ・ジャパンにおけるマネージング・ディレクターに就任したことを大変喜ばしく思います。

トレンズは以下の通りコメントしています。
「日本は大きなポテンシャルを秘めた人材を有するエキサイティングなマーケットです。革新的な技術や、多様性に富んだ人材、新しい働き方を取り入れながら進化する日本でのビジネスを、経験豊かな同僚たちと共に拡大していくことを楽しみにしています。」

ヘイズは、専門性の高いプロフェッショナルを対象に人材紹介サービスを提供しているリクルートメントのグローバル・エキスパートです。
以上

ヘイズについて
ヘイズ(本社:英国)は、グローバルな人材サービスを提供するスペシャリストの人材紹介会社です。2020年6月30日現在、世界33カ国と地域*、266 の拠点(総従業員10,400人)において、20の専門分野に特化したハイスキル人材サービスを提供しています。(*日本、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、中国、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、香港、ハンガリー、インド、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ポーランド、ポルトガル、ロシア、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカ)

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(ヘイズ・ジャパン)について
ヘイズの日本法人として2001年に東京で設立されたヘイズ・ジャパンは、3つの国内拠点(東京本社、大阪支店、横浜支店)を有する外資系人材紹介会社です。17の専門分野(経理・財務、金融、ファイナンステクノロジー、デジタルテクノロジー、マーケティング・デジタル、人事、IT、保険、法務、ライフサイエンス、オフィスプロフェッショナル、不動産、セールス・マーケティング、サプライチェーン、マニュファクチャリング)に精通した経験豊富なコンサルタントが、「正社員紹介」「契約・派遣社員」「採用アウトソーシング(RPO)」「ITソリューションズ(業務委託)」の4つのサービスを提供し、企業の人材採用と個人のキャリアアップを支援しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング