『ZEB実現を目指す自社オフィスでの「Smart-Eco Project」の推進』が評価され、平成24年度『省エネ大賞(省エネ事例部門)で「経済産業大臣賞(CGO・企業等分野)」』を受賞

PR TIMES / 2013年1月25日 17時57分

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、一般財団法人 省エネルギーセンター主催の平成24年度「省エネ大賞(省エネ事例部門)」において、『ZEB※1実現を目指す自社オフィスでの「Smart-Eco Project(スマートエコプロジェクト)」の推進』が評価され、最高位である「経済産業大臣賞(CGO※2・企業等分野)」を受賞しました。



 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、一般財団法人 省エネルギーセンター主催の平成24年度「省エネ大賞(省エネ事例部門)」において、『ZEB※1実現を目指す自社オフィスでの「Smart-Eco Project(スマートエコプロジェクト)」の推進』が評価され、最高位である「経済産業大臣賞(CGO※2・企業等分野)」を受賞しました。

 当社では、CGO(環境担当役員)のリーダーシップのもと、開発・設計部門と管理部門が一体となって、設計時と運用時の両面から自社オフィスでの省エネに取り組みました。その結果、自社オフィス全体でCO2排出量(2011年度)を2005年度比34.2%※3削減しました。また、新築オフィスの「大和ハウス愛知北ビル」において、独自の環境配慮技術を導入したことにより、CO2排出量を60.6%※4削減しました。これらの実績が評価され、受賞することになりました。
※1.ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル):建築物におけるエネルギー消費量が正味(ネット)でゼロ又は概ねゼロとなる建築物。
※2.Chief Green Officerの略。経営の視点から事業全体を俯瞰して、省エネルギー活動・環境管理を統括する責任者のこと。
※3.エネルギー消費量(原油換算)では32.8%削減しました。
※4.1990年当時の建築物と比較した場合(当社試算による)。

<省エネ大賞>
 本表彰は、一般財団法人省エネルギーセンターが実施(後援:経済産業省)しているもので、
国内の産業・業務・運輸部門に属する企業、工場、事業場等の省エネルギーを推進している事業者
及び省エネルギー性に優れた製品を開発した事業者等を表彰することにより、省エネルギー意識の
浸透、省エネルギー製品の普及促進、省エネルギー産業の発展及び省エネルギー型社会の構築に寄与
することを目的としたものです。


●ポイント
1.既存オフィス、新築オフィス両面から省エネ活動を推進
2.自社オフィス全体でのCO2排出量を2005年度比34.2%削減、ピーク電力を2010年比32.4%削減
3.「大和ハウス愛知北ビル」においてCO2排出量を1990年仕様の建築と比べて60.6%削減
4.自社施設での省エネ活動の成果を建築系事業に展開

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング