1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

笑ってキュンとして、胸をアツく焦がして涙して…今、何よりも韓流ラブコメが大人気!あなたが選ぶ好きな韓流ドラマのアンケート結果を大発表!!

PR TIMES / 2021年9月27日 20時15分

映像配信サービスdTVでは数多くの韓国ドラマを配信中ですが、今回は特に人気の高い5作品をピックアップし、dTV会員に好きな作品を投票してもらいました。どの作品が1位に選ばれたのか、ランキング形式で発表いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/22141/273/resize/d22141-273-a3c902769c0d33cf64c1-0.jpg ]

韓国ドラマのラブコメは、お決まりのシーンはもちろん、見ているこちらが恥ずかしくなるような胸キュンなセリフで幅広い世代をとりこにしています。映像配信サービスdTVでは数多くの韓国ドラマを配信中ですが、今回は特に人気の高い5作品をピックアップし、dTV会員に好きな作品を投票してもらいました。
それでは早速その投票結果をランキングで発表いたします!


「好きな韓流ドラマ」の第1位に輝いたのは、トッケビカップル、イ・ドンウク×ユ・インナ主演の超話題作『真心が届く~僕とスターのオフィス・ラブ!?~』で812票を獲得。

日本でも大ヒットした「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」で死神役とサニー役をそれぞれ演じ、主演カップル以上に反響を呼んだイ・ドンウクとユ・インナ。そんな大注目の2人が再共演したのは、不器用だけれど完璧主義の弁護士と引退の危機に立たされた女優が繰り広げるハートウォーミングな恋物語。ラブコメの名匠パク・ジュンファ監督が2人をカッコよく、そして可愛く見せています。

この作品を選んだ理由では、「トッケビの二人で、トッケビの続きを見ているみたいだったから」(10代・女性)、「トッケビのコンビが好きで、この作品ではハッピーエンドが見れたから」(50代・女性)、「トッケビのペアでまた、新たなドラマだったので」(50代・女性)、「トッケビの2人がオフィスラブという設定だけでもすごい楽しめました」(40代・女性)など、トッケビで話題になったイ・ドンウクとユ・インナの2人が出演していることが理由の大半を占めていました。

『真心が届く~僕とスターのオフィス・ラブ!?~』
~あらすじ~
根も葉もないスキャンダルに巻き込まれ引退の危機に陥ったかつてのトップ女優オ・ユンソ(本名:オ・ジンシム)は、役作りのために、法律事務所に偽装入社。女優オ・ユンソは、“インターン生 オ・ジンシム”として、エース弁護士クォン・ジョンロクの秘書として働くことになる。2人はぶつかり合いながらも次第に引かれ始めていくが、なんと2人とも恋愛経験ゼロ。そんな恋愛下手な2人の恋の行方は?


[画像2: https://prtimes.jp/i/22141/273/resize/d22141-273-5099913cccea2ac1a762-1.jpg ]


第2位は757票を獲得した、愛を知らない男に訪れる悲しくも美しいラブストーリーで話題となった『空から降る一億の星<韓国版>』。

北川悦吏子の脚本で日本でも大ヒットしたドラマを韓国でリメイクした本作。ミステリアスで孤独な主人公キム・ムヨンを、独特の存在感を発揮し見事に演じたのは「応答せよ1997」「ショッピング王ルイ」のソ・イングク。ヒロイン、ジンガン役を「この恋は初めてだから」のチョン・ソミンが透明感たっぷりに好演しています。

選んだ理由としては、「ソ・イングクの演技が素晴らしかったから」(40代・女性)、「ソ・イングクの演技力が光っていました。立ち振舞い、表情、目線、仕草、歩き方や話し方までも細かい演技に引き込まれて、涙なしには見られません」(50代・女性)といった“今一番美しいキスをする男”ソ・イングクが主演していることが理由の多くを占めていましたが、中には「日本作品のリメイク版で、馴染みやすい内容となっている。また主演男優・女優ともに演技も素晴らしく、引き込まれてドラマを見たのを覚えている」(50代・女性)、「自分の過去とシンクロしたから」(50代・男性)といった理由もありました。

『空から降る一億の星<韓国版>』
~あらすじ~
女性たちの心をもてあそび、誰にも本心を見せないムヨン(ソ・イングク)。そんな彼がジンガン(チョン・ソミン)だけには自然に心を開き、次第に人間らしさを取り戻していく。ジンガンも不安を抱えながらもムヨンに引かれていくが、消えることのないつらい過去がよみがえってくる。


[画像3: https://prtimes.jp/i/22141/273/resize/d22141-273-d931c6f793a177f804c5-2.jpg ]


2票差で惜しくも第3位だったのは、冷血わがまま上司と熱血秘書による嘘から始まる一目ぼれラブコメディ『初対面だけど愛してます』(755票)。モデルとしても国際的に活躍する9頭身イケメンのキム・ヨングァンが、仕事中のクールな姿とキュートな表情を見せ、ラブコメキングに仲間入りしたロマンチックな作品です。

選んだ理由では、「人生の人間模様の描写に感銘を受けた」(50代・男性)、「大人のキュンキュンありコメディ要素もありとても面白かったです」(40代・女性)、「人の顔が見えなくなるという、現実にはない発想がすごく、ストーリーも面白い」(50代・女性)といったストーリー展開が面白いという声が多く見受けられました。

『初対面だけど愛してます』
~あらすじ~
ある日、何者かに襲われ、人の顔を認識できなくなってしまったミニク(キム・ヨングァン)。わがままなミニクに懸命に尽くしてきた秘書のガリ(チン・ギジュ)は、ミニクのお見合い相手の女社長に成り済ますことに。


[画像4: https://prtimes.jp/i/22141/273/resize/d22141-273-f15bfc7e2d1e8543494c-3.jpg ]


続いて第4位にランクインしたのは、韓流ラブコメを代表する人気女優ユン・ウネ主演の、正反対の男女が繰り広げる偽装ラブロマンス「トキメキ注意報」(410票)。

今や韓国を代表するラブコメ女優となったユン・ウネが、トップスターとしての苦悩や運命の恋にあこがれる主人公をナチュラルな演技で演じた恋愛ドラマ。また、ドラマだけでなくバラエティーや演劇でも頭角を現しているK-POPアイドルグループBlock BのP.Oが主人公の弟役を熱演している点にも注目。

選んだ理由は、「韓国ドラマの王道です。見ていて ハラハラドキドキが止まりません」(50代・女性)、「ユン・ウネが好きだから。あとどろどろしたラブコメではなくさらっと観れる作品が好きだから選びました」(40代・女性)など、こちらはキャストやストーリーが好きだから、という意見が多くありました。

『トキメキ注意報』
~あらすじ~
トップ女優で“ロマンスの女王”と呼ばれている恋愛主義の主人公ユン・ユジョン(ユン・ウネ)と、優秀な皮膚科医師として知られる独身主義のチャ・ウヒョン(チョン・ジョンミョン)。そんな2人の出会いは、思わぬ勘違いから始まった。ある出来事がきっかけで恋人の公表が必要なユジョンと、父親が勝手に決めた結婚から逃れたいウヒョンは、ユジョンの所属事務所代表に、“3ヶ月限定でカップルを演じる”ことを提案される。


[画像5: https://prtimes.jp/i/22141/273/resize/d22141-273-8960833a3717f98ba479-4.jpg ]


そして第5位は、27歳の高校生が恋に勉学にそして復讐に突き進むユ・スンホ主演のリベンジ・ラブコメディ「ボクスが帰ってきた」(343票)。

正義感の強い主人公のカン・ボクスを好演したのは「ロボットじゃない~君に夢中!~」のユ・スンホ。ボクスと恋に落ちる男勝りのヒロイン、スジョンを演じるのは「愛の温度」「別れが去った~マイ・プレシャス・ワン~」のチョ・ボア。ときめかずにはいられない数々のキスシーンは必見。

選んだ理由としては、「現実ではあり得ないような展開がおもしろい」(30代・女性)、「ユ・スンホが好きだからです」 (30代・女性)、「出演している俳優も好きだし、ストーリーも面白い」(50代・女性)など。

『ボクスが帰ってきた』
~あらすじ~
同級生のセホ(クァク・ドンヨン)に裏切られて高校を退学になり恋人だったスジョン(チョ・ボア)も失ってしまったボクス(ユ・スンホ)。9年後、パッとしない日々を送っていたボクスに復学のチャンス到来。母校の理事長に就任したセホ、教師になったスジョン、復讐のために高校に戻ることを決意するボクス。大人になって再会した3人の恋の行方は?


この他にも、多くの韓流ドラマがdTVで配信中です!
読書の秋、食欲の秋など様々な「秋」がありますが、今年は「ラブコメの秋」として、おうちで韓流ドラマを堪能してみてはいかがでしょうか?


<韓流作品特集ページ>
https://bit.ly/39Bizok


<アンケート調査方法>
調査期間:2021年9月13日~9月24日
調査対象:dTV有料会員
調査方法:インターネットによるアンケート(※複数回答可)


<dTVサービスサイト>
https://video.dmkt-sp.jp/


<dTVに関する情報まとめサイト>
https://info.dtv.jp


■dTVサービス概要
人気の映画やドラマ、音楽ライブまで話題作ゾクゾク追加中!
dTVでしか見られない話題作も!価格は月額550円(税込)※1

大ヒット映画や話題のドラマ、放送中の最新アニメをはじめ、見逃していた韓流ドラマまで子供から大人まで楽しめる多彩なジャンルの話題作が毎月ゾクゾク追加され、月額550円(税込)※1で楽しめます。
毎月新着作品が追加されるから、見たい作品にいつでも出会えます。
さらに、最新映画や放送中のテレビドラマの見逃しも、新作レンタルが可能。
新作レンタルには、dポイントも使えます。スマートフォン、テレビ、タブレット、パソコンでも見られるからあなたの生活に合わせて、いつでもどこでも使えます。
ドコモのケータイ回線をご利用中の方はもちろん、ドコモのケータイ回線をお持ちでない方も、携帯キャリアを選ばず、誰でもカンタンWEB登録が可能です。
そして、初めて登録される方は、初月無料です。(31日経過後は自動継続となり、その月から月額料金がかかります)※1※2で利用できます。
※1 App Store、Google Playでの購入は月額650円(税込)。契約日・解約日にかかわらず、毎月1日から末日までの1か月分の料金となります。日割り計算はいたしませんのでご注意ください。
※2 キャンペーン期間中(2014年11月1日~)に初回お申込みの場合に限り、7日間の初回無料期間を31日間に延長して適用します。その他の適用条件は、初回7日間無料と同様となります。ただし、31日間の初回無料期間が適用されている間は、権利者の都合により、一部ご視聴になれないコンテンツがあります。過去に7日間の初回無料の適用を受けたお客さまで、本キャンペーンの適用を受けていないお客さまは適用対象となります。App Store、Google Playでの購入を除く。
本キャンペーンを終了する際は、「ドコモのホームページ」にてお知らせいたします。
本キャンペーンは予告無く内容を変更させていただく場合がございます。
◆ご利用方法
dTV WEBサイト( https://video.dmkt-sp.jp )から会員登録
◆視聴デバイス:テレビ、パソコン、タブレット、スマートフォンで視聴可能
※別途パケット通信料がかかります。
※デバイスによっては一部ご視聴いただけないコンテンツがあります。
※ドコモの回線契約がないお客さまが本サービスをご利用いただくには、「dアカウント(R)」が必要です。「spモード(R)」契約でのご利用とサービス内容やお支払方法が異なる場合があります。また利用料のお支払いはクレジットカードのみとなります。
※「dTV」「dアカウント」「spモード」は株式会社NTTドコモの登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング