フジテレビとRovio Entertainmentの 日本国内におけるパートナーシップ締結について

PR TIMES / 2012年3月8日 11時46分



======================================================================
フジテレビとRovio Entertainmentの
日本国内におけるパートナーシップ締結について
■オフィシャルパートナーサイト『アングリーバード×フジテレビ』を開設
■『アングリーバード』の新エピソード「サクラ・ニンジャ」を公開
本日3月8日(木)より
http://angrybirds.fujitv.co.jp/
======================================================================

 株式会社フジテレビジョン(本社:東京都港区、
代表取締役社長:豊田皓、以下フジテレビ)は、本日3月8日(木)、
このたび全世界で累計7億ダウンロードを突破した人気ゲーム
『アングリーバード(Angry Birds)』(以下、アングリーバード)を
開発したRovio Entertainment Ltd.(本社:フィンランド エスポー、
CEO:Mikael Hed、以下Rovio)と、
パートナーシップ契約を締結したことを発表いたします。
 フジテレビとRovioは、Rovioが日本をテーマにした新エピソード
「チェリー・ブロッサム(Cherry Blossom)」を全世界向けに
公開するのに合わせて、日本のユーザーにより楽しんでいただけるように、
オフィシャルパートナーサイト『アングリーバード×フジテレビ』
http://angrybirds.fujitv.co.jp/)を開設し、
日本向けにカスタマイズされたブラウザ版『アングリーバード』の
新エピソード「サクラ・ニンジャ(Sakura Ninja)」
(以下、サクラ・ニンジャ)を本日より公開いたします。

 本日より公開される「サクラ・ニンジャ」では、フジテレビの
マスコットキャラクター「ラフくん」が登場するほか、フジテレビの社屋ビルなど、
様々なカタチをした建物が出現します。また忍者や将軍の格好した、
日本ならではの『アングリーバード』が世界で初めてゲームの中に登場します。
今後ゲーム以外にも、両社の強みを生かした『アングリーバード』関連の
幅広い事業展開の可能性について、具体的に検討してまいります。

 なお、ブラウザ版『アングリーバード』における広告販売は、
日本でのRovioのマーケティングエージェントである
株式会社エム・シー・エヌ(本社:東京都目黒区、
代表取締役社長:マーク・ブックマン、以下MCN)が展開してまいります。 

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング