1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

渡辺美里、BARBEE BOYS、TM NETWORK、岡村靖幸などを輩出し80年代に燦然と煌めいていた、あのレーベルの名曲や歴史を論じる一冊!『EPICソニーとその時代』、10月15日発売

PR TIMES / 2021年10月14日 21時15分

 「80年代」と書いて、「EPICソニー」と読む――。
先進的な音楽性により80年代の音楽シーンを席捲したレコード会社「EPICソニー」。レーベルの個性が見えにくい日本の音楽業界の中で、なぜEPICだけがひと際異彩を放つレーベルとして君臨できたのか? そして、なぜその煌めきは失われていったのか? 佐野元春《SOMEDAY》、渡辺美里《My Revolution》、ドリカム《うれしはずかし朝帰り》など名曲の数々を分析する中でレーベルの特異性はもちろん、当時の音楽シーンや「80年代」の時代性が浮かび上がっていく。佐野元春ロングインタビュー収録。




【書籍情報】


[画像1: https://prtimes.jp/i/11454/274/resize/d11454-274-17512fa2225b12c777bf-2.jpg ]


書名:EPICソニーとその時代
発売日:2021年10月15日
著者:スージー鈴木
定価:1,100円(10%税込)
体裁:新書版
集英社新書 
https://shinsho.shueisha.co.jp/


目次

第1章 EPICソニーの「音楽」
1.SOMEDAY~いつか、EPICソニーが(1979~1984)/2.My Revolution~EPICソニーが起こした革命(1985~1987)/3.笑顔の行方~EPICソニーの向かう先(1988~1990)

第2章 EPICソニーの「時代」
1.EPICソニーの「歴史」/2.EPICソニーの「意味」

第3章 EPICソニーの「人」
1.小坂洋二インタビュー/2.佐野元春インタビュー


著者プロフィール


[画像2: https://prtimes.jp/i/11454/274/resize/d11454-274-d6cd81be9df8f5d5f904-0.jpg ]

スージー鈴木(すーじー・すずき)
1966年大阪府東大阪市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。ラジオDJ、音楽評論家、野球文化評論家、小説家。音楽評論の領域は邦楽を中心に昭和歌謡から最新ヒット曲まで幅広い。著書に『平成Jポップと令和歌謡』(彩流社)、『恋するラジオ』(ブックマン社)、『80年代音楽解体新書』(彩流社)、『イントロの法則80's -沢田研二から大滝詠一まで』(文藝春秋)、『サザンオールスターズ 1978-1985』(新潮新書)、『1984年の歌謡曲』(イースト新書)など多数。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング